未分類」カテゴリーアーカイブ

採掘の8割りは中国企業によって行われている

Published / by admin

仮想通貨であるビットコインは、現在中国に支配されているといえます。
仮想通貨は国境を越えた存在で、実質的には4つの中国の企業が、ビットコインの採掘者として、8割り近いシェアをもっています。
ビットコインの採掘(マイニング)とは、ビットコイン・マイナーというソフトを使用して、複雑な計算をコンピューターで行い、誰よりも早く解けたら新規発行のビットコインを得ることができます。
当初は、マイニングできる量は多かったといわれていますが、時間が経過すればするほど採掘できる量が減少するように、システムがくまれています。
そのため、個人レベルとマイニングするのはおすすめできません。
また、マイニングは高性能なコンピューターを、何台も動かし続けて行いますから、電気代の高い日本では不向きといえます。
そこで優勢となるのが中国です。
ビットコイン全体の約8割りを、中国のマイニング会社が占めているため、悪用される可能性もでてきます。
過去にも、暗号化通貨で価値が著しく低下したという例もあり、中国のように採掘作業がグループ化されると、占有される危機も指摘されています。

ビットコイン採掘は中国企業

仮想通貨による投資のメリットとデメリット

ビットコインのメリットは、全世界共通ですから、ほとんどの国で使うことができます。
また、別の銀行から小切手を送るときには、通常数日かかってしまいますが、ビットコインであれば、早い取引が可能で10分程度しかかかりません。
そのほかにも、仲介する組織が存在しないため、手数料を支払う必要もないので、個人間の少額な支払いでは重要な特徴といえます。
誰でも気軽に利用できるというメリットがある反面、危険性も伴います。
価値が変動しますから、リスクも伴うということを知っておかないといけません。
また、政府や中央銀行などは、正式な通貨とは承認していませんから、何か起きたとしても、国が補償してくれることはなく、すべて自己責任となります。
そのほかにも、誰がどれくらい持っているかを把握することができないので、脱税に使用されるおそれもあり、国家運営には都合が悪い。
普及されると通貨の安定性をコントロールしにくくなり、脱税などが増えるため、政府が困るなどがあります。
このように、ビットコインにはメリットとデメリットがありますから、最新の記事を見て取引を行うことが大切です。

通常の通貨の比較を取引所を通してとらえる

Published / by admin

ビットコインの特徴のひとつは、世界共通ということがあります。
既成の通貨では、国をまたぐ取り引きをすると、莫大な手数料などが発生します。
その点、ビットコインはどこの国のものでもなく、ネット上で自由に迅速にやり取りができるため、
国をまたぐ企業や投資家にはとても便利です。
世界でお金を使うとなると、とにかく、振り込み手数料だけでも大変な額なのが、既成の取引所を介在しないという新しい取引になるので、比較すると、ビットコインはむだなお金を払わなくていいということになります。
ですから、国をまたぐようなお金のやり取りをなにかしらしている、もしくは、しようと思っているひとには、メリットが大きいといえます。
仮想通貨だからこそ、既成のむだな手続きから解放されるということです。
その点を理解し、ビットコインの特徴をとらえて運用をすると、今までの通貨では考えられなかったような、合理的で利益率の高い運用が可能にもなり得ます。
もちろん、国をまたぐようなお金のやり取りをしなくとも、便利ではありますが、いちばんの特徴のひとつが、手数料の無駄を省けることというのは、ひとつのファクトです。

ビットコインを取引所を通してとらえる

仮想の通貨であるからこその責任について

ビットコインは、世界各地にいる、ビットコインマイナーという人たちによって、維持管理されています。
正しく運用されるよう機能するよう、彼らはチェックしています。
しかし、銀行とちがうのは、何かで大損をしてしまったり、自分のコードを無くてしまう、あるいは他者に盗まれてしまうといった事態が起きたときには、基本的にすべて自己責任になります。
ですので、ビットコインを使うのなら、きちんと自己管理を徹底することが必要になります。
逆にいえば、自己管理をきちんとできる自信のあるひとには、向いている通貨システムといえます。
ビットコインは、ですから、リスクもありますが、リターンは大きい通貨システムということになります。
元来の通貨と比較すると、より自己の都合に合わせられるものでもあり、工夫の余地があり、うまく特徴をいかして利用できれば、非常に便利なシステムです。
ですから、ビットコインを使い始める前には、ある程度の勉強はしたほうが、得が多くなりやすいです。
メリットとリスクの理解が欠かせないのが、仮想通貨ということです。

儲けるためには相場を表すグラフを参考にする

Published / by admin

ビットコインでもうけるためにはどうしたらいいでしょうか。少なくとも、グラフ上では通貨の価格が高くなることが必要になります。そもそもビットコインには、発行元は存在しません。例えば日本円でいえば日本銀行が発行しています。通貨を発行するときには一定の量を超えないように調整をしているのです。これによって円の価値を変えています。もちろんその通りにならないこともありますが、発行元があることによって意図的に発行する量を変化させることができるという意味では、発行元の存在は大きなものになります。円とドルの取引きを時もそのような情報を知ることによって成り立っているのです。
円ドルを取引きをする場合には取引所がありそこで換金をしてドルを買ったりドルを売ったりするわけです。
これに対してビットコインは、発行元はいません。発行元がいないということはどういうことかといえば、コインを採掘する形で手に入れるのです。こうすることでコインの数は増えてきますが、一定量のコインを発行することをしかできません。2100万ビットコインが上限になっています。相場を表すグラフを参考に価値が決まります。

相場を表すグラフを参考にする

通貨の価格は誰が決めているのかを知っておこう

日本円の場合は日本銀行が通貨の価格を調整していますが、ビットコインの場合には発行元がないため価格の調整をする人は不在のように思えます。ですが現実には、価格の調整はされています。価格の調整をする人がいなければ無法地帯となってしまうからでしょう。ではいったい誰が価格の調整をしているのでしょうか。
それはビットコインのプログラマーになります。プログラマーはだれでも自由になることができ、そこに参加することで価値を定めているのです。ブロックを壊して採掘することで、価格や相場を決めているようなものです。もちろんプログラマーたちの監視も十分に必要なところですのでそちらも重要になります。
いまいち分かりにくい部分ですが、分かりやすく言うならば金やプラチナなどの貴金属と同じような感じと考えておきましょう。ブロックを壊して採掘するというのは、ちょうど金やプラチナを見つけるのと同じような感じです。アメリカ大陸やアフリカ大陸などで眠っているものを人間が掘り起こしているわけです。しかも自然のものですので、一定量しかありません。

購入できる単位は日本円で数百円から

Published / by admin

ビットコインはsatoshiやBTCという謎の通貨単位で取引されています。
もともとビットコインはプログラマーがインターネット上に作成したもので、管理しているのは国でもなんらかの団体でもなく、個人間の取引によって管理が行われています。そして、それらの取引が記録されて履歴として残るということが信用のもとになっています。完全なる信用取引と言えるでしょう。
仮想通貨なので当然物理的に存在するというものではなく、取引所もその取引方法もインターネット上でのやり取りになります。取引の単位も少額から可能になるので、実際利用しやすいというメリットがあります。
また世界中のどの通貨との取引も可能です。ビットコインを持つメリットというのは、まず世界中で利用可能ということがあるでしょう。
あとは一般的に多いのは、投資の感覚で持つということになります。株やFXと同じように、安いときに買って高いときに売るという使い方になります。ビットコインを持っている人の多くは金稼ぎが目的でしょう。投資の一種として捉えておくのが良いでしょう。

仮想通貨の先駆けでもっとも信用がある

ビットコイン以外にもいろいろな仮想通貨が世界中で開発されています。ビットコインはもちろんインターネット上で取引される通貨で、プログラミングでできています。そしてそのロジックも公開されているので、そのロジックを真似て似たような仮想通貨を作っているプログラマーが世界中にいるということになります。しかし、ビットコインが最初で、ロジックも他のものはビットコインの真似なので、やはり元祖は人気があるということになります。
チャートの読み方なども株やFXと同じになります。そして株やFXも結局はテクニカル分析が現代では唯一の選択肢に近いのですが、ビットコインも同じです。むしろ読めないので特にテクニカル分析一択でしょう。ファンダメンタルで分析するには情報が一般に出回るのは遅いですし、一般の投資家が動き始めた頃には機関投資家の動きは完了しています。なのでむしろファンダメンタル分析は完全に予測と真逆に相場が動くということも多いでしょう。なのでそういった読み方の方が逆に良いでしょう。しかし、基本はテクニカル分析になります。

取引所ランキングからわかることとは何か

Published / by admin

日本ではあまりなじみがありませんが、仮想通貨としてビットコインと言うものが存在しています。この特徴は、実際に手にすることができないことです。つまり所有はできるけども手に持って触ることができないものです。通常は取引上にて取引をして、手に入れるしかありません。取引所で取引をする場合には、お金と交換をすることになります。この時には、手数料は取られることになりますが、例えば日本円をアメリカドルにする場合に取られる手数料等に比べると、かなり安くなっています。仮想通貨になりますので、情報を交換しただけのように感じるかもしれません。ですが、アメリカなどでは店舗などで使えるところが多く存在しています。
このコインがなかなか理解されにくいのは、発掘をすると言う部分ではないでしょうか。ブロックから採掘することで、コインを手に入れることができるのです。ですがインターネット上にブロックがあるわけでもありません。ましてや、中にコインが入っているわけは無いのです。あくまでこれは例え話であって、実際はネット上でコインの暗号を解読することが必要です。

通貨として取引することができるのかが疑問

ビットコインを所有している場合、国によっては通貨として取引をしているところはあります。ただし、完全にその国の通貨並に広がっている事はありません。あるとしても、1部の人の間で取引がされているだけです。アメリカでは、すでに2,000のお店で扱うことができるなっています。これを多いと思うか少ないと思うかはその人の主観次第ですが、これに対して日本ではビットコインを使うことができるお店は、およそ60しかありません。
なぜ日本にはあまり広がっていないのでしょうか。もしこれが、外国の発祥のものであれば日本に広がらないのも納得できます。ですが、ビットコイン自体は日本が発祥と言われています。厳密に言えば日本人が作ったものです。
では今後、日本でビットコインが入るかと言われればなかなか難しい問題ではあります。なぜなら、早急に必要としているものでは無いからです。少なくともビットコインの価値が日本よりも上回ることが重要になります。しかも、ビットコインで億万長者が出るような背景がなければわざわざそれを調べようともしませんし、利用することもないはずです。