未分類」カテゴリーアーカイブ

ビットコインのマイニングにかかる電気代の計算方法

Published / by admin

ビットコインを採掘する場合には、計算機に大量の計算をさせる必要があります。計算をする時に多くの電気を消費するので、採掘作業で得られた報酬から電気代を差し引いた分が利益(収入)となります。
このため本格的にマイニング作業に参加する場合には、計算機が消費する電気代を計算する必要があります。

計算機が消費する電気代の算出方法ですが、一番簡単な方法はフル稼働状態のパソコンの消費電力(W数)に稼働時間を掛けたWhを求める方法です。
電気代は1Whあたりの消費電力が決まっているので、電力会社との契約を確認して1Whあたりの電気代とパソコンの消費電力を掛けて算出することができます。

一般家庭の電気代は1,000Whあたり27円前後なので、消費電力が100Wのパソコンを8時間稼働させた場合の電気代は約22円となります。
採掘作業中はディスプレイやマウスなどの機器をOFFまたは取り外しておくことで、電気代を節約することができます。

厳密に消費電力を計測したい場合には、ワットチェッカーと呼ばれる装置を電源プラグに接続して直接測定する方法もあります。
同じ条件であれば消費電力は一定なので、最初に電流を実測しておくだけで以後はパソコンの稼働時間を記録するだけで電気代を計算することができます。

ビットコインのマイニングで稼ぐ方法

仮想通貨取引所で受けられるサービスの内容は?

マイニングに参加してコインを得たコインを換金したり、売買取引に参加して利益を稼ぐ場合には仮想通貨取引所の売買サービスを利用する必要があります。

仮想通貨取引所で受けられるサービスとは、仮想通貨の現物または証拠金売買取引です。現物売買サービスを利用すれば、仮想通貨を売却して日本円に換金をすることができます。
売買取引の方法には売り板・買い板を見ながら売り・買い注文を出してトレードを行う取引所方式と、業者が定める現在価格(レート)で両替を行う販売所方式があります。

販売所方式は銀行の外貨預金のサービスと同じで取引の方法が簡単ですが、手数料が高いというデメリットがあります。そのため多額の仮想通貨を売買取引する場合にはトレードに参加した方がお得です。
仮想通貨取引所の売買取引サービスを利用して仮想通貨や日本円を得たら、自分用のウォレットや銀行口座に出金をすることができます。

取引所のアカウントでも仮想通貨を保管することができるので、コイン価格が値上がりするまで出金をしないで待つことも可能です。

仮想通貨取引所のサービスを利用する際はIDとパスワードを取得して、自分専用の取引画面にログインして取引に参加します。
取引所の口座への不正ログイン被害を防ぐために、2段階認証を設定してセキュリティを高める必要があります。

ビットコインのユーザー数が年々増加している大きな理由

Published / by admin

ビットコインのユーザー数は年々増加しています。

ビットコインが登場したのは2009年のことです。その時点では1円の価値もありませんでした。その後順調にユーザーを獲得し続け、4年後の2013年には一時的に10万円を超えています。
しかし、中国政府がビットコイン取引を禁止したことで、大きく価値を落としました。2014年にはビットコインの盗難事件が起きたことで一時的に2万円を下回りました。

ビットコインの歴史上で最も大きな大暴落を起こしたのは、2013年の12月に中国政府がビットコイン取引を禁止し、さらに2014年の2月にビットコイン盗難事件で世界最大の取引所が閉鎖したというタイミングでしょう。
中国人ユーザーが大半を占めていたこともあり、たった3ヶ月で価値が6分の1以下になってしまいました。

2014年以降はビットコインのユーザー数は年々増加しています。2013年12月から2014年2月にかけておきた事件は例外だったと言えます。
ユーザー数が年々増加している理由としては、ビットコインはお金としての完成度が非常に高いからであると言えます。

現実通貨のように国境がなく、偽札が作られる心配もなく、取引手数料は非常に安価です。

ビットコインの将来性

ビットコインを安全に取引できる取引所の特徴とは?

ビットコインはブロックチェーンという技術を利用しています。この点では他のアルトコインと共通しています。

ビットコインの最大の利点は、「お金」としての完成度が非常に高いという点にあります。
「お金」として利用をするならば、他の仮想通貨を利用する必要はなく、ビットコインがあれば足りるという意見もあるほどです。過去の取引履歴についてはすべて残っているので、マネーロンダリングなどの犯罪対策ともなります。
匿名性が高いですが、どのアドレスからどのアドレスへといくらのお金が送られたといった履歴は残っており、閲覧することができます。

ビットコインを安全に取引するなら、日本の取引所がおすすめです。
日本の取引所では日本の法律が適用されるということが大きいです。なにかトラブルが起きても日本で裁判をしたり、請求をしたりすることができます。

日本の取引所の中でも、利用者が多いところが良いでしょう。利用者が多いほどトレードが成約しやすくなります。クレジットカードで購入をしたい人は、クレジット決済に対応している取引所を選びましょう。

ただし、クレジットカードで購入をすると手数料がかかるという点には注意が必要です。

購入できる単位は日本円で数百円から

Published / by admin

ビットコインはsatoshiやBTCという謎の通貨単位で取引されています。

もともとビットコインはプログラマーがインターネット上に作成したもので、管理しているのは国でもなんらかの団体でもなく、個人間の取引によって管理が行われています。
そして、それらの取引が記録されて履歴として残るということが信用のもとになっています。完全なる信用取引と言えるでしょう。

仮想通貨なので当然物理的に存在するというものではなく、取引所もその取引方法もインターネット上でのやり取りになります。
取引の単位も少額から可能になるので、実際利用しやすいというメリットがあります。

また世界中のどの通貨との取引も可能です。ビットコインを持つメリットというのは、まず世界中で利用可能ということがあるでしょう。

あとは一般的に多いのは、投資の感覚で持つということになります。株やFXと同じように、安いときに買って高いときに売るという使い方になります。

ビットコインを持っている人の多くは金稼ぎが目的でしょう。投資の一種として捉えておくのが良いでしょう。

ビットコインは仮想通貨の代名詞

仮想通貨の先駆けでもっとも信用がある

ビットコイン以外にもいろいろな仮想通貨が世界中で開発されています。

ビットコインはもちろんインターネット上で取引される通貨で、プログラミングでできています。
そしてそのロジックも公開されているので、そのロジックを真似て似たような仮想通貨を作っているプログラマーが世界中にいるということになります。

しかし、ビットコインが最初で、ロジックも他のものはビットコインの真似なので、やはり元祖は人気があるということになります。

チャートの読み方なども株やFXと同じになります。そして株やFXも結局はテクニカル分析が現代では唯一の選択肢に近いのですが、ビットコインも同じです。

むしろ読めないので特にテクニカル分析一択でしょう。ファンダメンタルで分析するには情報が一般に出回るのは遅いですし、一般の投資家が動き始めた頃には機関投資家の動きは完了しています。

なのでむしろファンダメンタル分析は完全に予測と真逆に相場が動くということも多いでしょう。なのでそういった読み方の方が逆に良いでしょう。
しかし、基本はテクニカル分析になります。

取引所ランキングからわかることとは何か

Published / by admin

日本ではあまりなじみがありませんが、仮想通貨としてビットコインと言うものが存在しています。

この特徴は、実際に手にすることができないことです。つまり所有はできるけども手に持って触ることができないものです。
通常は取引上にて取引をして、手に入れるしかありません。取引所で取引をする場合には、お金と交換をすることになります。この時には、手数料は取られることになりますが、例えば日本円をアメリカドルにする場合に取られる手数料等に比べると、かなり安くなっています。仮想通貨になりますので、情報を交換しただけのように感じるかもしれません。ですが、アメリカなどでは店舗などで使えるところが多く存在しています。

このコインがなかなか理解されにくいのは、発掘をすると言う部分ではないでしょうか。ブロックから採掘することで、コインを手に入れることができるのです。

ですがインターネット上にブロックがあるわけでもありません。

ましてや、中にコインが入っているわけは無いのです。あくまでこれは例え話であって、実際はネット上でコインの暗号を解読することが必要です。

ビットコインの取引

通貨として取引することができるのかが疑問

ビットコインを所有している場合、国によっては通貨として取引をしているところはあります。

ただし、完全にその国の通貨並に広がっている事はありません。あるとしても、1部の人の間で取引がされているだけです。アメリカでは、すでに2,000のお店で扱うことができるなっています。
これを多いと思うか少ないと思うかはその人の主観次第ですが、これに対して日本ではビットコインを使うことができるお店は、およそ60しかありません。

なぜ日本にはあまり広がっていないのでしょうか。もしこれが、外国の発祥のものであれば日本に広がらないのも納得できます。ですが、ビットコイン自体は日本が発祥と言われています。厳密に言えば日本人が作ったものです。

では今後、日本でビットコインが入るかと言われればなかなか難しい問題ではあります。なぜなら、早急に必要としているものでは無いからです。

少なくともビットコインの価値が日本よりも上回ることが重要になります。

しかも、ビットコインで億万長者が出るような背景がなければわざわざそれを調べようともしませんし、利用することもないはずです。