未分類」カテゴリーアーカイブ

ビットコインのクラウドマイニングとは

Published / by admin

ビットコインなどの暗号通貨は、マイナーが行うマイニング(採掘)作業によって新たなコインの発行や取引の承認が行われています。マイナーには新たに採掘されるコインと手数料が報酬として与えられるので、投資としてマイニングに参加することができます。ビットコインや他のアルトコインは取引所でコインを購入する他に、マイニングの報酬として得ることができます。暗号通貨のマイニングはインターネットに接続できるコンピュータがあれば誰でも参加することができます。
現在はビットコインや普及が進んだ数種類の暗号通貨は多くの人がマイニングに参加しています。日本のように電気代が高額な地域でマイニング作業を行うと、得られる報酬よりも計算機や空調設備の設置費用や電気代の方が高くついてしまいます。これに対してマイニングプールなどの管理者に対して出資を行い、得られたコインを配当として受け取ることができる仕組みを「クラウドマイニング」と呼びます。クラウドマイニングとは、採掘を行うマイニンググループまたはマイニングプール管理者に対する「投資」です。自分でマイニングに参加しなくても、投資額に対して定期的に一定の配当金を受け取ることができます。クラウドマイニングに参加する方法はマイニンググループに登録して、出資金として一定額以上のビットコインまたはアルトコインを支払うだけです。元金以上のコインが得られたら、利益を得ることができます。

マイニングに投資する

ビットコインのクラウドマイニングは儲かるの?

海外にはビットコインのクラウドマイニングを行うグループがあり、登録すれば日本人でも出資することができます。基本的に自分で採掘作業を行うわけではないので、配当金が投資金を上回れば儲かったことになります。ただし元金を回収する前にマイニンググループが倒産したり、投資先が詐欺グループあれば元本割れになるリスクがあります。
ちなみにビットコインの場合はマイニング難易度が非常に高いので、クラウドマイニングに投資しても元金を回収するまでに長い時間がかかってしまいます。ビットコインはクラウドマイニングに参加するよりも取引所でトレードをした方が高い利益を出すことができます。
クラウドマイニングに参加するのであれば、アルトコインの方がおすすめです。匿名性が高い暗号通貨として人気が高いZcashは急激な値上がりを続けているので、マイニングでもトレードと同じように高い利益を得ることができます。日本の取引所で売買されていないアルトコインのクラウドマイニングに参加する場合は、海外の販売所を利用してクレジットカード決済を利用して投資金のコインを購入することができます。海外であれば、出資金をクレジットカードで支払うことができるマイニングチームもあります。

取引を銀行振り込みでするにはどこの銀行がいいのか?

Published / by admin

仮想通貨取引所を利用してビットコインを購入するために、まず最初に自分のアカウント内に日本円を入金する必要があります。一部の取引所はコンビニ払いにも対応していますが、ほとんどの取引所は銀行振込みを利用して資金を入金します。振込手続きの際に金融機関に支払う送金手数料は自分で負担しなければならないので、頻繁に入金する場合には手数料が安いまたは無料になる金融機関を利用したほうがお得です。
日本円を入金する際は、利用している仮想通貨取引所が提携している金融機関の口座に送金します。振込手続きをする金融機関が送金先と同じ会社であれば、手数料が無料になる場合があります。
日本国内の主要な仮想通貨取引所と提携している金融機関ですが、bitbank・Btcbox・coincheck・QUOINEX・Zaifは住信SBIネット銀行で、bitFlyerとKrakenは三井住友銀行です。住信SBIネット銀行であれば同行間の送金であれば手数料が無料になりますし、ポイントプログラムを活用すれば毎月数回~15回まで他行送金手数料が無料になるサービスが利用できます。さらに振込手続直後に仮想通貨取引所のアカウントに入金が反映されることから、口座への入金手数料や利便性を考慮すれば住信SBIネット銀行が一番おすすめです。
ちなみに取引所から日本円を出金する場合には、どの銀行を指定しても手数料は変わりません。

取引の際に便利な銀行

取引所で取引するための銀行振り込みでの方法は?

ビットコイン取引所の口座に日本円を入金する方法は取引所ごとに違いますが、各社とも指定された銀行口座に振込手続きを行います。取引所によっては送金元の口座を登録したり、金額を入力してから送金先の口座が指定される場合があります。
bitflyerであれば、最初に登録した口座から振込手続きを行う必要があります。coincheckであれば携帯電話で本人確認をした後に入金ができるようになります。btcboxであれば最初に入金金額を入力してから振込先口座が表示されます。
取引所によって入金時の手続き方法が違うものの、基本的に送金先の支店名・口座番号が通知されたら振込手続きを行うことができます。証券会社やFXで銀行振込を利用して入金をする方法と似ているため、株やFX経験者であれば同じように入金の手続きができます。
振込手続きを行う際に金融機関の窓口やATMも利用できますが、仮想通貨を取引する際はインターネットを利用するのでインターネット銀行で振込手続きをすると便利です。インターネット銀行を利用すれば振込先の口座番号をコピー&ペーストで簡単に入力することができますし、振込手続きをしてから取引所のアカウントに資金が反映されるまでの時間が短いのでおすすめです。

短期間で爆発的にその価格を上昇させた

Published / by admin

ビットコインというのは登場した当初は、何ら価値の無いものでした。
しかし、仮想通貨として便利に使うことができるという点に着目をされ、少しずつ様々な人から評価をされるようになってからというものは少しずつその価値を上昇させていくことになり、2013年頃からは短期間で爆発的に価格を上昇させることになったのです。
当初は一銭の価値もなかったビットコインが、ついには1Bitcoinで1000ドルを超えるほどの価値を持つようになりました。
何の価値も持たない電子的なデータがこれだけの価値を持つようになったのは、ビットコインの持つ可能性とその信用にあります。
簡単に偽造をすることができず、どこの誰にどのようにして取引をしたのかということが詳細に記録されるものとなっているので流れが把握でき二重譲渡などが起こり得ない堅牢性から高い信用を持つようになりました。
そして、個人間の送金なども簡単にできるという利便性に注目をして、投資家などがこぞってビットコインに投資をしたことによって、短期間で驚くほどまでに価値を上昇させることになったのです。

更なる上昇が期待できる

今後更に価値が上昇していく

短期間で爆発的に価値を上昇させたビットコインですが、今後はどうなるかというと更に価値が上昇していくことが予想されます。
ここから先短期間で、100倍1000倍になるということは考えられませんが、仮想通貨の整備が進んでいけばより利便性は増すことになりその価値は高まっていくことになるため、その結果として更に価値が高まると考えられます。
現段階ではまだまだ取引所などの整備ができていませんが、この辺りもしっかりと安心して取引をすることができるようになれば、一般人であっても気軽にビットコインなどの仮想通貨に投資をすることができるようになるため、流通も増え価値が高まっていくということになります。
ただし、注意が必要な点としてはビットコインがこのまま価値を上昇していくとは限らず、別の仮想通貨にその座を取って代わられる可能性はあるので、仮想通貨の価値自体は高まっていくものの必ずしもビットコインの価値が高くなるとは限らないということです。
無価値になるということは考えにくくとも、より優れた仮想通貨が登場したときには仮想通貨の代表的な存在の座を明け渡す可能性も考えられます。

採掘作業により新たに生成される仕組みとは

Published / by admin

一般的な電子マネーは利用者がお金を支払うと管理者(会社)が新たなポイントを発行し、お互いに債権者と債務者の関係にあります。
ビットコインのような仮想通貨では、一般的な電子マネーのように債務者や債権者が存在しません。その代わりに、採掘者が計算機上である課題を解いて正答を見つけると新たな通貨が生成(発行)され、報酬として答えを得た人に与えられます。電子マネーは管理者のコンピュータに全ての取引内容を記録されます。これに対して仮想通貨は全ての取引内容はブロックチェーンと呼ばれる大福帳に記録されます。この大福帳は世界中で採掘を行う人達(マイナー)によって共有・管理されます。ビットコインは新たなコインの発行や送金手続きが10分毎に行われます。10分毎にビットコインのブロックが生成され、これは大福帳に新たな1ページが加えられるのに相当します。大福帳に新たなページを加えるためには、誰かが採掘作業を行って一定の難易度の問題を解いて正答を見つけなければなりません。マイナー達の計算機の演算能力によって問題の難易度が高くなるため、誰かが勝手に不正なブロックを偽造することができない仕組みになっています。マイナーが行う採掘作業により過去の取引の正当性のチェックも行われ、不正使用を防ぐことができます。
新たに生成されるビットコインは、取引の正当性をチェックするマイナーに対する報酬として与えられるのです。

ビットコインが生成される仕組み

流通する通貨の総量と採掘者に与えられるコインの報酬の関係とは

仮想通貨を新たに生成したり、不正取引を防止するためにはマイニングと呼ばれる作業が必要です。採掘されたコインはマイニングの報酬としてマイナーに与えられます。
ビットコインの場合には発行されるコインの残高が最大2100万BTCと決められていて、スタートから数えて210,000ブロック毎に報酬として与えられるコインが半減する仕組みになっています。最初の報酬額は25BTCですが、2016年7月以降は12.5BITに半減されました。やがて2100万BTCが発行されると、マイニングを行っても新たなコインが生成されなくなってしまいます。
それでも、仮想通貨取引を続けるためには誰かがマイニングの作業を行って新たなブロック(大福帳のページ)を生成し続けなければなりません。実は、2100万BTCが発行されて新たなコインの生成がストップしても、マイナー達はマイニングの報酬を得ることができる仕組みになっています。利用者がビットコインを他のアドレスに送金する際に支払われる送金手数料が、マイニングの報酬としてマイナー達に与えられます。
ビットコインの世界で行われる送金手続と不正防止のためのチェック作業は計算機上のマイニング作業により維持・管理が行われ、新たに発行される仮想通貨まはた送金手数料が、マイナーに対する報酬として与えられる仕組みになっているのです。

今後の相場はどのようになっていくのか

Published / by admin

近年ビットコインの注目は非常に高まっていて、1Bitcoinが1000ドルを超えるほどの価値を持つようになってからより一層その注目は大きなものとなりました。
ビットコインや仮想通貨の持つ可能性に魅力を感じた人たちがこぞって、ビットコインを手に入れようとしたことによって価格が急上昇をしています。
元々は何の価値も持たないものであるだけに、今の価格だけ見ても異常事態に感じられる人もいるかもしれませんが、ビットコインの可能性を考えれば今後もまだ相場は上昇していくことが予想されます。
ただし、スムーズな右肩上がりで上昇していくとは限らず、仮想通貨の置かれている情況というのはまだまだ不安定なものですから、短期的には大きな乱高下が発生することは予想に難いものではありません。
そのため、ビットコインに投資を考えている場合にはタイミングを少し外してしまうと、上昇をするということを読んでいたとしても、短期的な下落で大きな損失を出す可能性もあるだけに、投資対象としてはリスクも潜んでいる物となっているため気をつけなければなりません。

ビットコインの今後の相場

今後は他の仮想通貨にも注目が集まっていく

ビットコインは仮想通貨の代表的な存在ではありますが、仮想通貨というのはビットコイン以外にも様々なものがあります。
そのため、今後はビットコインだけでなくそれ以外の仮想通貨も注目をあつめることは間違いなく、ビットコイン以上の価値を持つものが登場することも可能性としてはなくはありません。
仮想通貨の取引所なども整備されつつあり、現実の通貨と同様に気軽に取引をすることができるようになりつつありますから、その中でどのような通貨が覇権を握るのかということに関しては正確な予想は難しいといえます。
仮想通貨の技術自体はこれから先大きな伸びしろがあるので、将来性は十分ですがどれを選ぶのかということが非常に重要なこととなってきます。
現在はビットコインが一歩も二歩もリードをしていますが、ITの世界というのは革新的な技術が生まれた瞬間に先行していたものがあっという間に置き去りにされてしまうということもありますから、ビットコインにだけ注目をするのではなくそれ以外のものの動向に関してもしっかりと確認をしておくようにしましょう。

儲けが出たら税金がかかるの?確定申告は必要?

Published / by admin

ビットコインの取引によって得た利益は、課税対象となります。しかし、評価益に対する課税はなく、売却をした時に得た利益に対して課税されます。例えば、100万円分をビットコインを購入して、仮想通貨の価値が上昇したことによって、150万円まで価値が上がったとします。価値が上がったとしても、その時点では課税対象とはならず、売却をして150万円の現金を得た段階で課税されます。
どの所得区分になるかは明確には決まっていませんが、一般的には譲渡所得がかかり、営利目的でトレードする場合には雑所得または事業所得としてみなされる可能性が高いでしょう。譲渡所得の場合には50万円の基礎控除が適用されます。雑所得または事業所得になる場合には、サラリーマンやOLの場合、利益が20万円以下となる場合には確定申告の義務はありません。給与所得を得ていない人は、利益が38万円の基礎控除の金額以下なら、確定申告は不要です。
ビットコイン購入のためにかかった消費税や手数料、売却のためにかかった費用などは利益から差し引くことができます。経費を差し引いても、なお20万円もしくは38万円以上の利益が出ている場合には、所得税・住民税がかかってくるので、確定申告が必要になります。

取引における税金

仮想通貨は法律がまだ整備されていない?

ビットコインを始めとした仮想通貨は、法律がまだ整備されていないため、今後扱いが変わってくる可能性があります。例えば、消費税については、これまではビットコイン購入時に8%がかかっていましたが、2017年春から非課税になるという発表がありました。
外貨預金やFX取引などでは、すでに消費税は非課税とされていましたが、ビットコイン取引をする時には8%の消費税がかかってきており、投資のメリットが半減するという意見がありました。法律が改正され、ビットコインなどの仮想通貨に消費税がかからなくなれば、仮想通貨の投資に関心を持つ人が増えるという予測があります。しかし、取引には別途手数料もかかるので、単純に仮想通貨の価値が上がれば利益が出るというものではないという点に注意が必要です。しかし、ビットコイン取引の手数料は非常に安いので、消費税が非課税になることで、さらに人気が出る可能性があります。
利益が出たら所得税・住民税がかかってしまいますが、経費として計上できるものは意外に多いです。例えば、パソコンの購入費、有料セミナーへの参加費なども経費として計上できることがあります。投資を始める人は、税金についても勉強をしておきましょう。

海外の取引所を活用した投資の特徴と魅力

Published / by admin

最近は日本国内にも仮想通貨の取引所ができました。実は日本よりも海外の方がビットコインが普及していて、仮想通貨の普及が早い国の取引所のサービスの方が日本よりも充実しています。
外貨FXやバイナリ―オプションを行う際に外国の業者を利用することができますが、インターネットを利用してビットコインの世界でも外国の業者で投資を行うことができます。
ビットコインを利用した投資は現物取引の他に、証拠金を入金することで何倍もの資金の売買ができる信用取引があります。日本国内でもビットコインの信用取引が可能ですが、レバレッジが最大で10倍程度で高額な手数料がかかるため、あまり大きな利益を期待することができません。これに対して海外の取引所を利用すれば、日本よりも安い手数料で高レバレッジの取引ができるケースがあります。海外の取引所を利用することで現物取引の際に必要な手数料が安かったり、現地通貨以外にも多くの通貨に交換ができる場合もあります。
海外の業者を利用する場合には口座開設後に資金を入金する必要があります。外貨FXであればクレジットカードを利用するか、銀行で国際送金の手続きを行う必要があります。これに対してビットコインの場合には、日本国内で購入した仮想通貨の形で海外業者の口座に入金することができます。出金の際も仮想通貨の形で自分用のアカウントにコインの送金依頼ができるので、格安の手数料で入出金ができるのです。

ビットコイン投資の特徴と魅力

海外で現地通貨を購入して格安の手数料で国際送金を行う方法

海外の仮想通貨取引所を利用すれば、日本で購入したビットコインで送金して現地で外貨を購入することができます。購入した外貨は指定した現地の銀行口座に出金してもらうことも可能です。現地の銀行口座に出金してもらう場合には取引所がある国の国内向け送金手数料が適用されるため、格安の手数料でお金を振込んでもらえます。これを利用すれば、格安の手数料で外国の銀行口座に送金することができます。
国内の銀行で国際送金サービスを利用する場合には、1%かそれ以上の為替手数料を支払って日本円をドルやユーロに両替した上で数千円もの送金手数料・中継銀行の手数料が必要です。
ビットコインを利用すれば、日本円でコインを購入して、取引所で再び日本円に交換して銀行口座に出金をするのと同じぐらいの手数料で国際送金ができてしまいます。
ビットコインを利用すれば、国際送金の逆の手続きも簡単にできます。海外業者を利用してFX取引などで得た外貨を現地の取引所でビットコインに替えておき、日本の取引所を利用して日本円を購入して自分の銀行口座に振込んでもらうことも可能です。
元々ビットコインなどの仮想通貨は決済手段として開発されたので、国際送金を行う際に便利に利用できるのです。

マイニングするためのソフトを手に入れること

Published / by admin

ビットコインを増やすための方法は、主に三つあります。一つが購入することです。お金を購入するというのは変に思われるかもしれませんが、例えば日本円でドルを買うような形と思えば間違いないでしょう。二つ目が間接的に購入する場合です。例えばネットオークションでコインを購入する場合がこれにあたります。三つ目がマイニングという方法で採掘をし、仮想通貨であるビットコインを手に入れることです。
おそらくマイニングをする方法が一番なじみがないのではないかと思います。基本的にビットコインが一般的になじみがないのは、この仕組みのむずかしさではないでしょうか。一見発掘をするというと、山の中の鉱山を掘り出しているイメージがあります。例えば金を取るためにかつて日本でも山を発掘していました。これによりたくさんの金が出てきたわけですが、おそらくそこまでの意味はわかるでしょう。
ですが、ソフトを手に入れてマイニングをする場合というのはインターネット上の話しになりますので、抽象的過ぎて話しがわかりにくいのです。あくまでマイニングはコインを手に入れるためのたとえ話にすぎません。

マイニングするためのソフト

採掘をするにはどうしたらいいかを考える

ピットコインを採掘する場合、どうしたらいいでしょうか。基本的にだれでも採掘をできるわけではありません。採掘をするためには専用のソフトを利用します。このソフトを手に入れるためには相当なお金がかかります。まず個人で買うことはできないぐらいの費用です。サラリーマンの給料の何倍というレベルでもありません。
ある程度大きな会社でなければ購入できないと思った方がよいでしょう。ですので、基本的に個人でマイニング、つまり採掘をすることは不可能になります。
お金がかかるだけでなく電力もかかりますので、なかなか難しいのです。例えば、アメリカ人がアメリカへ採掘するとなると電力が大変かかってしまうため、わざわざ東南アジアの方に移動して安い電力を使い採掘をしようとします。
マイニングをするときには、第3者の取引きがあることが重要です。他人の取引きを自分がマイニングをして本当にそれが正しい行員で行われているかどうかを解読していきます。解読したことによって、正しい使われ方をしているかどうかを証明することができ、その報酬としてコインをもらうこともできるのです。

マイニング専用に作られたASICの紹介

Published / by admin

ビットコインなどの仮想通貨の運用は、世界中のマイナーたちが競い合うように行われる採掘作業によって支えられています。ビットコインは2009年に世界初の仮想通貨として運用が開始されて以来、世界中で多くのマイナーたちがPCのCPUやGPUを利用してコインの採掘作業を行い、コインを“稼いで”きました。
初期の頃はPCなどの汎用計算機を利用してマイニングが行われてきましたが、2013年にビットコインの採掘に特化したASICが登場しました。ASICとは、ある特定の用途(計算)のために専用に設計された集積回路のことです。ASIC採掘機はマイニングで使用する計算のアルゴリズム専用に開発されたハードウェアで、いわば仮想通貨(ビットコイン)採掘機です。ASIC採掘機はマイニングのために最適化されているため、汎用CPUを利用するよりも少ない消費電力で効率良くマイニング作業ができます。
ASIC採掘機は大型サイズの装置もありますが、PCのUSBポートに挿しておくだけで勝手に計算してくれる小型の装置も販売されています。USBポートに挿すタイプの装置はネット通販で1個あたり数千円程度で購入することができます。セルフパワー付きのUSBハブを利用することで複数のASICを接続して同時稼働させれば、採掘能力を向上させることができます。

仮想通貨採掘機を利用して稼ぐことは可能?

2013年に仮想通貨のマイニングに特化したASICが登場してビットコインのマイニング効率が大幅に向上した結果、計算の難易度も大幅に上がってしまいました。このため現在では、一般的に販売されているPCのCPUやGPUを使用してマイニングを行っても電気代の方が高くついてしまい、電気料金が高い先進国では採算が取れなくなってしまったほどです。2017年1月(1BTCあたり約1,000$)の段階では、電気料金が高い地域では専用のASICを使用してビットコインマイニングを行ったとしても、計算するために消費した電気代とASICの購入費用を取り戻すのがやっとです。
電気代が高い日本ではビットコインのマイニングで利益を出すことはかなり難しいのですが、他の仮想通貨を利用すれば何とか利益を得ることができる場合があります。
計算の難易度が低い仮想通貨にはライトコイン(Litecoin)があります。ライトコインの採掘作業で得たコインをビットコインに両替してから現金に換金することで、電気代を差し引いても何とか利益を確保ことができます。

チャートは全期間表示してもそれほど多くはない

Published / by admin

ビットコインというのはまだまだ歴史の浅いものとなっていますから、全期間のチャートを見ても傾向がつかみにくい部分があります。
本格的に動き出したのは2013年頃となっていますから、5年程度の歴史もなく更に爆発的に価格を上昇させたこともあって、はっきりとした傾向をつかみにくい部分があります。
短期的にはチャートが目安になるものの、中長期では投資をする上での情報としては弱い部分があります。
ファンダメンタル的にはこの先も更に価値は上昇していくと予想できる部分は多いものの、現状ではまだまだ乱高下が続く不安定な状態が続いているので投資をするのであれば、目先の動きに惑わされずになくなってもいいという覚悟で数年先を見据えて投資をするというスタイルが良いでしょう。
また、過去の傾向からチャートが参考にならないと言っても、値が大きく動くだけにチャートで思惑が交錯しそうな部分というのはそのタイミングを狙って売買する人も多く、どちらに動くかは別として売買ポイントとしては狙いやすいのでその点を意識してみるというのも良いでしょう。

チャートを全期間表示しても

一般の通貨と比較をするとまだまだ取引量は少ない

ビットコインは仮想通貨の中ではダントツの取引量を誇っていますが、それでも他の一般的な通貨と比較をするとはるかに取引量が少ないものとなっています。
取引所の整備などもまだまだこれからという段階であり、そのような環境であることから乱高下しやすいものでもあります。
一般的な通貨であっても世界情勢によって乱高下することもありますが、ビットコインというのはその比でないぐらいに動くのでそこが妙味のあるところであり、リスクのある部分でもあります。
ビットコインはレバレッジをかけた取引もすることができるので、レバレッジをかけすぎた場合将来的に値上がりを予想して購入をしても、短期的な下落で損失に耐えきれずに強制決済をされてしまうということもあります。
逆に一時的な天井だと思って空売りをして、青天井で急上昇をしていくということもあるだけにビットコインに投資をするときには注意をしなければなりません。
上手く行けば、大きく利益を手にするチャンスではありますが、失敗をすれば致命的な損失を出す可能性もあるので気をつけるようにしましょう。