採掘(マイニング)」カテゴリーアーカイブ

ビットコインのクラウドマイニングとは

Published / by admin

ビットコインなどの暗号通貨は、マイナーが行うマイニング(採掘)作業によって新たなコインの発行や取引の承認が行われています。

マイナーには新たに採掘されるコインと手数料が報酬として与えられるので、投資としてマイニングに参加することができます。
ビットコインや他のアルトコインは取引所でコインを購入する他に、マイニングの報酬として得ることができます。暗号通貨のマイニングはインターネットに接続できるコンピュータがあれば誰でも参加することができます。

現在はビットコインや普及が進んだ数種類の暗号通貨は多くの人がマイニングに参加しています。日本のように電気代が高額な地域でマイニング作業を行うと、得られる報酬よりも計算機や空調設備の設置費用や電気代の方が高くついてしまいます。
これに対してマイニングプールなどの管理者に対して出資を行い、得られたコインを配当として受け取ることができる仕組みを「クラウドマイニング」と呼びます。

クラウドマイニングとは、採掘を行うマイニンググループまたはマイニングプール管理者に対する「投資」です。

自分でマイニングに参加しなくても、投資額に対して定期的に一定の配当金を受け取ることができます。クラウドマイニングに参加する方法はマイニンググループに登録して、出資金として一定額以上のビットコインまたはアルトコインを支払うだけです。元金以上のコインが得られたら、利益を得ることができます。

マイニングに投資する

ビットコインのクラウドマイニングは儲かるの?

海外にはビットコインのクラウドマイニングを行うグループがあり、登録すれば日本人でも出資することができます。

基本的に自分で採掘作業を行うわけではないので、配当金が投資金を上回れば儲かったことになります。
ただし元金を回収する前にマイニンググループが倒産したり、投資先が詐欺グループあれば元本割れになるリスクがあります。

ちなみにビットコインの場合はマイニング難易度が非常に高いので、クラウドマイニングに投資しても元金を回収するまでに長い時間がかかってしまいます。
ビットコインはクラウドマイニングに参加するよりも取引所でトレードをした方が高い利益を出すことができます。

クラウドマイニングに参加するのであれば、アルトコインの方がおすすめです。匿名性が高い暗号通貨として人気が高いZcashは急激な値上がりを続けているので、マイニングでもトレードと同じように高い利益を得ることができます。
日本の取引所で売買されていないアルトコインのクラウドマイニングに参加する場合は、海外の販売所を利用してクレジットカード決済を利用して投資金のコインを購入することができます。
海外であれば、出資金をクレジットカードで支払うことができるマイニングチームもあります。

採掘作業により新たに生成される仕組みとは

Published / by admin

一般的な電子マネーは利用者がお金を支払うと管理者(会社)が新たなポイントを発行し、お互いに債権者と債務者の関係にあります。

ビットコインのような仮想通貨では、一般的な電子マネーのように債務者や債権者が存在しません。
その代わりに、採掘者が計算機上である課題を解いて正答を見つけると新たな通貨が生成(発行)され、報酬として答えを得た人に与えられます。

電子マネーは管理者のコンピュータに全ての取引内容を記録されます。これに対して仮想通貨は全ての取引内容はブロックチェーンと呼ばれる大福帳に記録されます。
この大福帳は世界中で採掘を行う人達(マイナー)によって共有・管理されます。ビットコインは新たなコインの発行や送金手続きが10分毎に行われます。10分毎にビットコインのブロックが生成され、これは大福帳に新たな1ページが加えられるのに相当します。

大福帳に新たなページを加えるためには、誰かが採掘作業を行って一定の難易度の問題を解いて正答を見つけなければなりません。
マイナー達の計算機の演算能力によって問題の難易度が高くなるため、誰かが勝手に不正なブロックを偽造することができない仕組みになっています。マイナーが行う採掘作業により過去の取引の正当性のチェックも行われ、不正使用を防ぐことができます。

新たに生成されるビットコインは、取引の正当性をチェックするマイナーに対する報酬として与えられるのです。

ビットコインが生成される仕組み

流通する通貨の総量と採掘者に与えられるコインの報酬の関係とは

仮想通貨を新たに生成したり、不正取引を防止するためにはマイニングと呼ばれる作業が必要です。

採掘されたコインはマイニングの報酬としてマイナーに与えられます。

ビットコインの場合には発行されるコインの残高が最大2100万BTCと決められていて、スタートから数えて210,000ブロック毎に報酬として与えられるコインが半減する仕組みになっています。最初の報酬額は25BTCですが、2016年7月以降は12.5BITに半減されました。やがて2100万BTCが発行されると、マイニングを行っても新たなコインが生成されなくなってしまいます。

それでも、仮想通貨取引を続けるためには誰かがマイニングの作業を行って新たなブロック(大福帳のページ)を生成し続けなければなりません。
実は、2100万BTCが発行されて新たなコインの生成がストップしても、マイナー達はマイニングの報酬を得ることができる仕組みになっています。利用者がビットコインを他のアドレスに送金する際に支払われる送金手数料が、マイニングの報酬としてマイナー達に与えられます。

ビットコインの世界で行われる送金手続と不正防止のためのチェック作業は計算機上のマイニング作業により維持・管理が行われ、新たに発行される仮想通貨まはた送金手数料が、マイナーに対する報酬として与えられる仕組みになっているのです。

マイニングするためのソフトを手に入れること

Published / by admin

ビットコインを増やすための方法は、主に三つあります。

一つが購入することです。お金を購入するというのは変に思われるかもしれませんが、例えば日本円でドルを買うような形と思えば間違いないでしょう。
二つ目が間接的に購入する場合です。例えばネットオークションでコインを購入する場合がこれにあたります。三つ目がマイニングという方法で採掘をし、仮想通貨であるビットコインを手に入れることです。

おそらくマイニングをする方法が一番なじみがないのではないかと思います。
基本的にビットコインが一般的になじみがないのは、この仕組みのむずかしさではないでしょうか。一見発掘をするというと、山の中の鉱山を掘り出しているイメージがあります。

例えば金を取るためにかつて日本でも山を発掘していました。これによりたくさんの金が出てきたわけですが、おそらくそこまでの意味はわかるでしょう。

ですが、ソフトを手に入れてマイニングをする場合というのはインターネット上の話しになりますので、抽象的過ぎて話しがわかりにくいのです。

あくまでマイニングはコインを手に入れるためのたとえ話にすぎません。

マイニングするためのソフト

採掘をするにはどうしたらいいかを考える

ピットコインを採掘する場合、どうしたらいいでしょうか。

基本的にだれでも採掘をできるわけではありません。採掘をするためには専用のソフトを利用します。
このソフトを手に入れるためには相当なお金がかかります。まず個人で買うことはできないぐらいの費用です。サラリーマンの給料の何倍というレベルでもありません。

ある程度大きな会社でなければ購入できないと思った方がよいでしょう。ですので、基本的に個人でマイニング、つまり採掘をすることは不可能になります。

お金がかかるだけでなく電力もかかりますので、なかなか難しいのです。
例えば、アメリカ人がアメリカへ採掘するとなると電力が大変かかってしまうため、わざわざ東南アジアの方に移動して安い電力を使い採掘をしようとします。

マイニングをするときには、第3者の取引きがあることが重要です。他人の取引きを自分がマイニングをして本当にそれが正しい行員で行われているかどうかを解読していきます。

解読したことによって、正しい使われ方をしているかどうかを証明することができ、その報酬としてコインをもらうこともできるのです。

マイニング専用に作られたASICの紹介

Published / by admin

ビットコインなどの仮想通貨の運用は、世界中のマイナーたちが競い合うように行われる採掘作業によって支えられています。

ビットコインは2009年に世界初の仮想通貨として運用が開始されて以来、世界中で多くのマイナーたちがPCのCPUやGPUを利用してコインの採掘作業を行い、コインを“稼いで”きました。

初期の頃はPCなどの汎用計算機を利用してマイニングが行われてきましたが、2013年にビットコインの採掘に特化したASICが登場しました。

ASICとは、ある特定の用途(計算)のために専用に設計された集積回路のことです。ASIC採掘機はマイニングで使用する計算のアルゴリズム専用に開発されたハードウェアで、いわば仮想通貨(ビットコイン)採掘機です。ASIC採掘機はマイニングのために最適化されているため、汎用CPUを利用するよりも少ない消費電力で効率良くマイニング作業ができます。

ASIC採掘機は大型サイズの装置もありますが、PCのUSBポートに挿しておくだけで勝手に計算してくれる小型の装置も販売されています。
USBポートに挿すタイプの装置はネット通販で1個あたり数千円程度で購入することができます。セルフパワー付きのUSBハブを利用することで複数のASICを接続して同時稼働させれば、採掘能力を向上させることができます。

マイニング装置の紹介

仮想通貨採掘機を利用して稼ぐことは可能?

2013年に仮想通貨のマイニングに特化したASICが登場してビットコインのマイニング効率が大幅に向上した結果、計算の難易度も大幅に上がってしまいました。

このため現在では、一般的に販売されているPCのCPUやGPUを使用してマイニングを行っても電気代の方が高くついてしまい、電気料金が高い先進国では採算が取れなくなってしまったほどです。
2017年1月(1BTCあたり約1,000$)の段階では、電気料金が高い地域では専用のASICを使用してビットコインマイニングを行ったとしても、計算するために消費した電気代とASICの購入費用を取り戻すのがやっとです。

電気代が高い日本ではビットコインのマイニングで利益を出すことはかなり難しいのですが、他の仮想通貨を利用すれば何とか利益を得ることができる場合があります。

計算の難易度が低い仮想通貨にはライトコイン(Litecoin)があります。

ライトコインの採掘作業で得たコインをビットコインに両替してから現金に換金することで、電気代を差し引いても何とか利益を確保ことができます。

採掘の8割りは中国企業によって行われている

Published / by admin

仮想通貨であるビットコインは、現在中国に支配されているといえます。

仮想通貨は国境を越えた存在で、実質的には4つの中国の企業が、ビットコインの採掘者として、8割り近いシェアをもっています。
ビットコインの採掘(マイニング)とは、ビットコイン・マイナーというソフトを使用して、複雑な計算をコンピューターで行い、誰よりも早く解けたら新規発行のビットコインを得ることができます。

当初は、マイニングできる量は多かったといわれていますが、時間が経過すればするほど採掘できる量が減少するように、システムがくまれています。
そのため、個人レベルとマイニングするのはおすすめできません。

また、マイニングは高性能なコンピューターを、何台も動かし続けて行いますから、電気代の高い日本では不向きといえます。
そこで優勢となるのが中国です。

ビットコイン全体の約8割りを、中国のマイニング会社が占めているため、悪用される可能性もでてきます。

過去にも、暗号化通貨で価値が著しく低下したという例もあり、中国のように採掘作業がグループ化されると、占有される危機も指摘されています。

ビットコイン採掘は中国企業

仮想通貨による投資のメリットとデメリット

ビットコインのメリットは、全世界共通ですから、ほとんどの国で使うことができます。

また、別の銀行から小切手を送るときには、通常数日かかってしまいますが、ビットコインであれば、早い取引が可能で10分程度しかかかりません。
そのほかにも、仲介する組織が存在しないため、手数料を支払う必要もないので、個人間の少額な支払いでは重要な特徴といえます。

誰でも気軽に利用できるというメリットがある反面、危険性も伴います。
価値が変動しますから、リスクも伴うということを知っておかないといけません。

また、政府や中央銀行などは、正式な通貨とは承認していませんから、何か起きたとしても、国が補償してくれることはなく、すべて自己責任となります。
そのほかにも、誰がどれくらい持っているかを把握することができないので、脱税に使用されるおそれもあり、国家運営には都合が悪い。

普及されると通貨の安定性をコントロールしにくくなり、脱税などが増えるため、政府が困るなどがあります。

このように、ビットコインにはメリットとデメリットがありますから、最新の記事を見て取引を行うことが大切です。