取引所」カテゴリーアーカイブ

海外のビットコイン取引所を賢く活用

Published / by admin

ビットコインは仮想通貨のことで、この通貨は全国共通ですので、海外へ送金する際に、外貨へと両替する手間が省けます。
ただし、ビットコインを得るためには、売買取引所においてビットコインを購入しなければいけません。

ここで、ビットコインには相場がありますので、ビットコインを購入する際に、高値で買わされるリスクがあることには注意しなければいけません。ビットコインは投資としての性格を有しているために、その価値は日々変動しています。
相場変動のリスクに対しては何らかの方法でヘッジすることをおすすめします。
ビットコインを所有できたら、あとは、取引所を通じてビットコインを海外の方へ送金するだけです。このように、ビットコインではいとも簡単に海外送金ができるようになるのです。

ここで、銀行においての海外への送金の流れを見ていきましょう。

まず、自身の国内口座から出金します。そして、それを外貨へと両替します。その両替した外貨を銀行窓口で送金するよう依頼します。

以上のことから、銀行での送金手続きは非常に面倒だということが分かります。
これらの手間が、ビットコインを利用すると容易にできるようになります。

ビットコインの利用

ビットコインの海外送金にかかる手数料はいくら?

ビットコインでは、海外への送金手続きが簡単にできますが、手数料についてはどのようになっているのでしょうか。

まずは、銀行を利用した場合の手数料を見ていきます。例えば、10万円送金するとしたら、一般的に数千円は手数料として取られてしまいます。これは非常に大きいのではないでしょうか。
国内での送金が数百円ですから、10倍もの手数料が取られてしまいます。

これに対して、ビットコインではどうかというと、ビットコインは量で決まるのではなく、ビットコインのデータ量によって手数料が変動します。そして、少ないデータ量だと0円という結果になります。もちろんデータ量は天井知らずなので、最大値は銀行よりも高くなる可能性もあります。しかし、一般的な送金額であるとビットコインを利用する方が格段に安いことが分かります。ここで、ビットコインの取引所は多く存在します。その中から、信頼出来て、手数料が安い取引所を選ばなければいけません。

ここでは、例として、Zaifという取引所を照会します。この取引所は、日本からでも日本語で登録できますので、使いやすいサイトです。
他にも取引所はいくつもありますので、比較してみるといいでしょう。

取引を銀行振り込みでするにはどこの銀行がいいのか?

Published / by admin

仮想通貨取引所を利用してビットコインを購入するために、まず最初に自分のアカウント内に日本円を入金する必要があります。

一部の取引所はコンビニ払いにも対応していますが、ほとんどの取引所は銀行振込みを利用して資金を入金します。振込手続きの際に金融機関に支払う送金手数料は自分で負担しなければならないので、頻繁に入金する場合には手数料が安いまたは無料になる金融機関を利用したほうがお得です。

日本円を入金する際は、利用している仮想通貨取引所が提携している金融機関の口座に送金します。振込手続きをする金融機関が送金先と同じ会社であれば、手数料が無料になる場合があります。

日本国内の主要な仮想通貨取引所と提携している金融機関ですが、bitbank・Btcbox・coincheck・QUOINEX・Zaifは住信SBIネット銀行で、bitFlyerとKrakenは三井住友銀行です。住信SBIネット銀行であれば同行間の送金であれば手数料が無料になりますし、ポイントプログラムを活用すれば毎月数回~15回まで他行送金手数料が無料になるサービスが利用できます。

さらに振込手続直後に仮想通貨取引所のアカウントに入金が反映されることから、口座への入金手数料や利便性を考慮すれば住信SBIネット銀行が一番おすすめです。

ちなみに取引所から日本円を出金する場合には、どの銀行を指定しても手数料は変わりません。

取引の際に便利な銀行

取引所で取引するための銀行振り込みでの方法は?

ビットコイン取引所の口座に日本円を入金する方法は取引所ごとに違いますが、各社とも指定された銀行口座に振込手続きを行います。

取引所によっては送金元の口座を登録したり、金額を入力してから送金先の口座が指定される場合があります。

bitflyerであれば、最初に登録した口座から振込手続きを行う必要があります。coincheckであれば携帯電話で本人確認をした後に入金ができるようになります。btcboxであれば最初に入金金額を入力してから振込先口座が表示されます。

取引所によって入金時の手続き方法が違うものの、基本的に送金先の支店名・口座番号が通知されたら振込手続きを行うことができます。証券会社やFXで銀行振込を利用して入金をする方法と似ているため、株やFX経験者であれば同じように入金の手続きができます。

振込手続きを行う際に金融機関の窓口やATMも利用できますが、仮想通貨を取引する際はインターネットを利用するのでインターネット銀行で振込手続きをすると便利です。

インターネット銀行を利用すれば振込先の口座番号をコピー&ペーストで簡単に入力することができますし、振込手続きをしてから取引所のアカウントに資金が反映されるまでの時間が短いのでおすすめです。

海外の取引所を活用した投資の特徴と魅力

Published / by admin

最近は日本国内にも仮想通貨の取引所ができました。

実は日本よりも海外の方がビットコインが普及していて、仮想通貨の普及が早い国の取引所のサービスの方が日本よりも充実しています。

外貨FXやバイナリ―オプションを行う際に外国の業者を利用することができますが、インターネットを利用してビットコインの世界でも外国の業者で投資を行うことができます。

ビットコインを利用した投資は現物取引の他に、証拠金を入金することで何倍もの資金の売買ができる信用取引があります。日本国内でもビットコインの信用取引が可能ですが、レバレッジが最大で10倍程度で高額な手数料がかかるため、あまり大きな利益を期待することができません。
これに対して海外の取引所を利用すれば、日本よりも安い手数料で高レバレッジの取引ができるケースがあります。

海外の取引所を利用することで現物取引の際に必要な手数料が安かったり、現地通貨以外にも多くの通貨に交換ができる場合もあります。

海外の業者を利用する場合には口座開設後に資金を入金する必要があります。外貨FXであればクレジットカードを利用するか、銀行で国際送金の手続きを行う必要があります。

これに対してビットコインの場合には、日本国内で購入した仮想通貨の形で海外業者の口座に入金することができます。

出金の際も仮想通貨の形で自分用のアカウントにコインの送金依頼ができるので、格安の手数料で入出金ができるのです。

ビットコイン投資の特徴と魅力

海外で現地通貨を購入して格安の手数料で国際送金を行う方法

海外の仮想通貨取引所を利用すれば、日本で購入したビットコインで送金して現地で外貨を購入することができます。

購入した外貨は指定した現地の銀行口座に出金してもらうことも可能です。現地の銀行口座に出金してもらう場合には取引所がある国の国内向け送金手数料が適用されるため、格安の手数料でお金を振込んでもらえます。これを利用すれば、格安の手数料で外国の銀行口座に送金することができます。

国内の銀行で国際送金サービスを利用する場合には、1%かそれ以上の為替手数料を支払って日本円をドルやユーロに両替した上で数千円もの送金手数料・中継銀行の手数料が必要です。

ビットコインを利用すれば、日本円でコインを購入して、取引所で再び日本円に交換して銀行口座に出金をするのと同じぐらいの手数料で国際送金ができてしまいます。

ビットコインを利用すれば、国際送金の逆の手続きも簡単にできます。
海外業者を利用してFX取引などで得た外貨を現地の取引所でビットコインに替えておき、日本の取引所を利用して日本円を購入して自分の銀行口座に振込んでもらうことも可能です。

元々ビットコインなどの仮想通貨は決済手段として開発されたので、国際送金を行う際に便利に利用できるのです。

投資をする場合は過去の相場も確認することができる

Published / by admin

最近日本でもにわかに人気が出ているのは、ビットコインになります。

このコインの特性は、仮想通貨であることです。仮想通貨と言うのは、実際手の上にのせることができないものになります。普通の現金とは違い、形がないのです。
なぜなら、それはインターネット上で取引されている単なる情報だからです。

現在では、投資をする場合に利用されていることが多いのが特徴です。取引をする場合には取引所を通じて手に入れることができます。この取引所を通じて手に入れることができるというのは、株式等と同じになっているのでわかりやすいでしょう。価格が安い時に購入し、高くなったときには売却をすれば一定のお金を儲けることが可能になります。

つまり安い時に買って高いときに売ることをすれば、それだけで投資としての役割があるわけです。

逆に言えば、コインの価値が下がりそうなときには、売却をしてある程度下がった時に購入をすれば利益を得ることを可能になります。

このような使い方をすることで、幅広く利用することができるでしょう。アメリカを中心に流行っているのはそういう利用価値があるからです。

問題点とは一体何なのか

仮想通貨であるビットコインには、仮想通貨なりのメリットがたくさんあります。

例えば、実際に何かを買う場合に、お店で落っことしたり財布をなくしたりすることがないことです。
同じ仮想通貨である電子マネーであればカードを落としてしまえば、お金を落としたのと同じになります。
ですがそのようなことがないビットコインは、なかなか優れた存在と言うことができるでしょう。メールアドレスさえあれば、取引することが可能になります。またこれからお店に行く時に、人に盗まれると言うこともありません。

その割には、日本でそれほどはやってない理由は一体何でしょうか。

日本で流行っていない理由は、国民に浸透するほど成功例がないからです。この点については、アメリカと比較するとわかりますが、アメリカのようにビットコインの成功者と呼ばれる人が出ていません。

普通は先駆者の人が成功していき、次第に様々な人に広がっていき、今まで全く知識がなかった人でもコインを購入することができるのです。

ですが日本には、そのような成功ではありません。
その点が浸透していない理由の1つでしょう。

通常の通貨の比較を取引所を通してとらえる

Published / by admin

ビットコインの特徴のひとつは、世界共通ということがあります。

既成の通貨では、国をまたぐ取り引きをすると、莫大な手数料などが発生します。
その点、ビットコインはどこの国のものでもなく、ネット上で自由に迅速にやり取りができるため、国をまたぐ企業や投資家にはとても便利です。

世界でお金を使うとなると、とにかく、振り込み手数料だけでも大変な額なのが、既成の取引所を介在しないという新しい取引になるので、比較すると、ビットコインはむだなお金を払わなくていいということになります。
ですから、国をまたぐようなお金のやり取りをなにかしらしている、もしくは、しようと思っているひとには、メリットが大きいといえます。
仮想通貨だからこそ、既成のむだな手続きから解放されるということです。

その点を理解し、ビットコインの特徴をとらえて運用をすると、今までの通貨では考えられなかったような、合理的で利益率の高い運用が可能にもなり得ます。

もちろん、国をまたぐようなお金のやり取りをしなくとも、便利ではありますが、いちばんの特徴のひとつが、手数料の無駄を省けることというのは、ひとつのファクトです。

ビットコインを取引所を通してとらえる

仮想の通貨であるからこその責任について

ビットコインは、世界各地にいる、ビットコインマイナーという人たちによって、維持管理されています。

正しく運用されるよう機能するよう、彼らはチェックしています。

しかし、銀行とちがうのは、何かで大損をしてしまったり、自分のコードを無くてしまう、あるいは他者に盗まれてしまうといった事態が起きたときには、基本的にすべて自己責任になります。
ですので、ビットコインを使うのなら、きちんと自己管理を徹底することが必要になります。

逆にいえば、自己管理をきちんとできる自信のあるひとには、向いている通貨システムといえます。
ビットコインは、ですから、リスクもありますが、リターンは大きい通貨システムということになります。

元来の通貨と比較すると、より自己の都合に合わせられるものでもあり、工夫の余地があり、うまく特徴をいかして利用できれば、非常に便利なシステムです。
ですから、ビットコインを使い始める前には、ある程度の勉強はしたほうが、得が多くなりやすいです。

メリットとリスクの理解が欠かせないのが、仮想通貨ということです。