ウォレットアプリ」カテゴリーアーカイブ

ウォレットが必要?ビットコインの使い方

Published / by admin

最近は投資以外にも、ビットコインを使って商品やサービスの決済ができるお店が増えています。

海外旅行の際に、現地の通貨に両替するよりもビットコインで支払った方が手数料がお得になる場合があります。
ビットコインを決済用に利用する場合には、自分専用のウォレットアプリが必要です。

ウォレットアプリを起動すると入金用のアドレスとQRコードが表示されるので、取引所の出金申請手続きのページで表示される入力フォーム内に、自分用のウォレットアプリが指定していしたコインアドレスの情報(文字列)をコピー&ペーストで正確に入力して出金額を指定します。

出金手続きを行ってから取引が承認されたら、コインの入金が完了です。
お店でビットコインを支払う時には、自分のウォレットにお店が指定するアドレスまたはQRコードの情報を入力して、手数料を指定してから送金を実行します。

ビットコインを使ってモノやサービスを購入する場合、支払いのたびに取引所のアカウントに接続して2段階認証をして出金申請をする訳にはいきません。

このため、支払いのためにビットコインを利用する場合には、スマートフォンに自分用のウォレットアプリをインストールしてコインを入金しておく必要があります。

利益を口座に送金する方法

ビットコイン取引用のアドレスを用意

ビットコインを自分で管理するためには、PCまたは携帯端末にウォレットアプリをインストールして、自分だけのビットコインアカウント(口座)を用意する必要があります。

自分用のビットコインアカウントを作成する方法ですが、ウォレットアプリで設定画面を出して、メニューから「アカウントの作成」を選びます。「自動生成(新規作成)」または復元(またはパスフレーズの入力)を選べるようになっているので、初めてビットコインアドレスを作成する場合には自動生成を選択します。「自動生成」を選択すると、アプリが自動的に自分専用の口座を作成してくれます。

新規にビットコインアドレスを作成する際に、復元フレーズ(12個の英単語)を記録するように指示されます。表示される順番に紙に英単語をメモしておき、厳重に保管するようにしましょう。

もしもアプリを消去した場合でも、復元フレーズを入力すればビットコインアドレスを復活させることができます
ビットコインアドレスを作成した後にウォレットアプリを起動すれば、画面に入金用のコインアドレスやQRコードを表示させることができます。

ビットコインアドレスは誰でも自由に作成することが可能で、名前やその他の個人情報を登録したり入力する必要がありません。

アプリに表示される受取用のコインアドレスはプライバシー保護のために変化することがありますが、違うアドレスでも同一の口座に入金されます。