投稿者「admin」のアーカイブ

マイニングするためのソフトを手に入れること

Published / by admin

ビットコインを増やすための方法は、主に三つあります。

一つが購入することです。お金を購入するというのは変に思われるかもしれませんが、例えば日本円でドルを買うような形と思えば間違いないでしょう。
二つ目が間接的に購入する場合です。例えばネットオークションでコインを購入する場合がこれにあたります。三つ目がマイニングという方法で採掘をし、仮想通貨であるビットコインを手に入れることです。

おそらくマイニングをする方法が一番なじみがないのではないかと思います。基本的にビットコインが一般的になじみがないのは、この仕組みのむずかしさではないでしょうか。一見発掘をするというと、山の中の鉱山を掘り出しているイメージがあります。

例えば金を取るためにかつて日本でも山を発掘していました。これによりたくさんの金が出てきたわけですが、おそらくそこまでの意味はわかるでしょう。

ですが、ソフトを手に入れてマイニングをする場合というのはインターネット上の話しになりますので、抽象的過ぎて話しがわかりにくいのです。

あくまでマイニングはコインを手に入れるためのたとえ話にすぎません。

マイニングするためのソフト

採掘をするにはどうしたらいいかを考える

ピットコインを採掘する場合、どうしたらいいでしょうか。

基本的にだれでも採掘をできるわけではありません。採掘をするためには専用のソフトを利用します。
このソフトを手に入れるためには相当なお金がかかります。まず個人で買うことはできないぐらいの費用です。サラリーマンの給料の何倍というレベルでもありません。

ある程度大きな会社でなければ購入できないと思った方がよいでしょう。ですので、基本的に個人でマイニング、つまり採掘をすることは不可能になります。

お金がかかるだけでなく電力もかかりますので、なかなか難しいのです。
例えば、アメリカ人がアメリカへ採掘するとなると電力が大変かかってしまうため、わざわざ東南アジアの方に移動して安い電力を使い採掘をしようとします。

マイニングをするときには、第3者の取引きがあることが重要です。他人の取引きを自分がマイニングをして本当にそれが正しい行員で行われているかどうかを解読していきます。

解読したことによって、正しい使われ方をしているかどうかを証明することができ、その報酬としてコインをもらうこともできるのです。

マイニング専用に作られたASICの紹介

Published / by admin

ビットコインなどの仮想通貨の運用は、世界中のマイナーたちが競い合うように行われる採掘作業によって支えられています。

ビットコインは2009年に世界初の仮想通貨として運用が開始されて以来、世界中で多くのマイナーたちがPCのCPUやGPUを利用してコインの採掘作業を行い、コインを“稼いで”きました。

初期の頃はPCなどの汎用計算機を利用してマイニングが行われてきましたが、2013年にビットコインの採掘に特化したASICが登場しました。

ASICとは、ある特定の用途(計算)のために専用に設計された集積回路のことです。ASIC採掘機はマイニングで使用する計算のアルゴリズム専用に開発されたハードウェアで、いわば仮想通貨(ビットコイン)採掘機です。ASIC採掘機はマイニングのために最適化されているため、汎用CPUを利用するよりも少ない消費電力で効率良くマイニング作業ができます。

ASIC採掘機は大型サイズの装置もありますが、PCのUSBポートに挿しておくだけで勝手に計算してくれる小型の装置も販売されています。
USBポートに挿すタイプの装置はネット通販で1個あたり数千円程度で購入することができます。セルフパワー付きのUSBハブを利用することで複数のASICを接続して同時稼働させれば、採掘能力を向上させることができます。

マイニング装置の紹介

仮想通貨採掘機を利用して稼ぐことは可能?

2013年に仮想通貨のマイニングに特化したASICが登場してビットコインのマイニング効率が大幅に向上した結果、計算の難易度も大幅に上がってしまいました。

このため現在では、一般的に販売されているPCのCPUやGPUを使用してマイニングを行っても電気代の方が高くついてしまい、電気料金が高い先進国では採算が取れなくなってしまったほどです。
2017年1月(1BTCあたり約1,000$)の段階では、電気料金が高い地域では専用のASICを使用してビットコインマイニングを行ったとしても、計算するために消費した電気代とASICの購入費用を取り戻すのがやっとです。

電気代が高い日本ではビットコインのマイニングで利益を出すことはかなり難しいのですが、他の仮想通貨を利用すれば何とか利益を得ることができる場合があります。

計算の難易度が低い仮想通貨にはライトコイン(Litecoin)があります。

ライトコインの採掘作業で得たコインをビットコインに両替してから現金に換金することで、電気代を差し引いても何とか利益を確保ことができます。

チャートは全期間表示してもそれほど多くはない

Published / by admin

ビットコインというのはまだまだ歴史の浅いものとなっていますから、全期間のチャートを見ても傾向がつかみにくい部分があります。

本格的に動き出したのは2013年頃となっていますから、5年程度の歴史もなく更に爆発的に価格を上昇させたこともあって、はっきりとした傾向をつかみにくい部分があります。
短期的にはチャートが目安になるものの、中長期では投資をする上での情報としては弱い部分があります。

ファンダメンタル的にはこの先も更に価値は上昇していくと予想できる部分は多いものの、現状ではまだまだ乱高下が続く不安定な状態が続いているので投資をするのであれば、目先の動きに惑わされずになくなってもいいという覚悟で数年先を見据えて投資をするというスタイルが良いでしょう。

また、過去の傾向からチャートが参考にならないと言っても、値が大きく動くだけにチャートで思惑が交錯しそうな部分というのはそのタイミングを狙って売買する人も多く、どちらに動くかは別として売買ポイントとしては狙いやすいのでその点を意識してみるというのも良いでしょう。

チャートを全期間表示しても

一般の通貨と比較をするとまだまだ取引量は少ない

ビットコインは仮想通貨の中ではダントツの取引量を誇っていますが、それでも他の一般的な通貨と比較をするとはるかに取引量が少ないものとなっています。

取引所の整備などもまだまだこれからという段階であり、そのような環境であることから乱高下しやすいものでもあります。

一般的な通貨であっても世界情勢によって乱高下することもありますが、ビットコインというのはその比でないぐらいに動くのでそこが妙味のあるところであり、リスクのある部分でもあります。
ビットコインはレバレッジをかけた取引もすることができるので、レバレッジをかけすぎた場合将来的に値上がりを予想して購入をしても、短期的な下落で損失に耐えきれずに強制決済をされてしまうということもあります。

逆に一時的な天井だと思って空売りをして、青天井で急上昇をしていくということもあるだけにビットコインに投資をするときには注意をしなければなりません。

上手く行けば、大きく利益を手にするチャンスではありますが、失敗をすれば致命的な損失を出す可能性もあるので気をつけるようにしましょう。

価格もチャートで見ることができるので売買の参考にできる

Published / by admin

ビットコインの価格というのもチャートで表されていて、それを参考にして取引をすることができます。

ただし、仮想通貨というのは一般の通貨と違ってまだまだ信用も市場の規模も小さいものとなっているので、値動きが非常に荒いのが特徴となっています。

長期的に見ればまだまだ上昇の余地がありますが、短期的には上にも下にも大きく触れやすいものとなっているので取引をする際には細心の注意を払わなければなりません。

チャートはありますが、仮想通貨を取り巻く環境の変化によってそれまでの値動きを全く無視するような暴騰暴落が起こり得るものとなっているだけに、大きく儲けることができるチャンスがある一方で逆に大きな損失を出してしまう可能性もあります。

レバレッジを掛けることもできるので、相場の急変動によっては元本以上の損失を発生する恐れもあるので資金管理の徹底は重要となります。

このあたりの注意点というのはFX等と同様のものとなっていて、不安定なものであるためFX以上に細心の注意を払っていないと、取り返しのつかない損失が発生することもあるので覚えておきましょう。

チャートで買の参考に

取引は取引所の信用が非常に重要に

ビットコインなどの仮想通貨の取引を行う場合には、取引所の信用というのも重要なものとなってきます。

仮想通貨の扱いというのは国によってもはっきりしない部分があり、あくまでも誰かに価値を担保されているものでもないので、取引所に関しても厳格な審査などがないということがあります。

金融商品を取り扱うには厳しい審査がありますが、仮想通貨の場合にはそのへんが曖昧になっていることから、信用のない機関であっても取引所を開設することができます。

そのような場所を利用してしまうとせっかく利益があっても出金をすることができなかったり、取引をする前に破綻をしてしまうということもあり得るだけに注意をしなければなりません。

近年は少しずつ整備をされてきているので、安心して取引をすることができる取引所も出てきましたが、その一方で怪しげなところもまだまだ黎明期ということもあって少なくないため注意をしておきましょう。

仮想通貨の取引には現在のところ、仮想通貨の価値のみならず取引所に信用という部分もあるということを知っておく必要があります。

投資をする場合は過去の相場も確認することができる

Published / by admin

最近日本でもにわかに人気が出ているのは、ビットコインになります。

このコインの特性は、仮想通貨であることです。仮想通貨と言うのは、実際手の上にのせることができないものになります。普通の現金とは違い、形がないのです。
なぜなら、それはインターネット上で取引されている単なる情報だからです。

現在では、投資をする場合に利用されていることが多いのが特徴です。取引をする場合には取引所を通じて手に入れることができます。この取引所を通じて手に入れることができるというのは、株式等と同じになっているのでわかりやすいでしょう。価格が安い時に購入し、高くなったときには売却をすれば一定のお金を儲けることが可能になります。

つまり安い時に買って高いときに売ることをすれば、それだけで投資としての役割があるわけです。

逆に言えば、コインの価値が下がりそうなときには、売却をしてある程度下がった時に購入をすれば利益を得ることを可能になります。

このような使い方をすることで、幅広く利用することができるでしょう。アメリカを中心に流行っているのはそういう利用価値があるからです。

問題点とは一体何なのか

仮想通貨であるビットコインには、仮想通貨なりのメリットがたくさんあります。

例えば、実際に何かを買う場合に、お店で落っことしたり財布をなくしたりすることがないことです。
同じ仮想通貨である電子マネーであればカードを落としてしまえば、お金を落としたのと同じになります。
ですがそのようなことがないビットコインは、なかなか優れた存在と言うことができるでしょう。メールアドレスさえあれば、取引することが可能になります。またこれからお店に行く時に、人に盗まれると言うこともありません。

その割には、日本でそれほどはやってない理由は一体何でしょうか。

日本で流行っていない理由は、国民に浸透するほど成功例がないからです。この点については、アメリカと比較するとわかりますが、アメリカのようにビットコインの成功者と呼ばれる人が出ていません。

普通は先駆者の人が成功していき、次第に様々な人に広がっていき、今まで全く知識がなかった人でもコインを購入することができるのです。

ですが日本には、そのような成功ではありません。
その点が浸透していない理由の1つでしょう。

採掘の8割りは中国企業によって行われている

Published / by admin

仮想通貨であるビットコインは、現在中国に支配されているといえます。

仮想通貨は国境を越えた存在で、実質的には4つの中国の企業が、ビットコインの採掘者として、8割り近いシェアをもっています。
ビットコインの採掘(マイニング)とは、ビットコイン・マイナーというソフトを使用して、複雑な計算をコンピューターで行い、誰よりも早く解けたら新規発行のビットコインを得ることができます。

当初は、マイニングできる量は多かったといわれていますが、時間が経過すればするほど採掘できる量が減少するように、システムがくまれています。
そのため、個人レベルとマイニングするのはおすすめできません。

また、マイニングは高性能なコンピューターを、何台も動かし続けて行いますから、電気代の高い日本では不向きといえます。
そこで優勢となるのが中国です。

ビットコイン全体の約8割りを、中国のマイニング会社が占めているため、悪用される可能性もでてきます。

過去にも、暗号化通貨で価値が著しく低下したという例もあり、中国のように採掘作業がグループ化されると、占有される危機も指摘されています。

ビットコイン採掘は中国企業

仮想通貨による投資のメリットとデメリット

ビットコインのメリットは、全世界共通ですから、ほとんどの国で使うことができます。

また、別の銀行から小切手を送るときには、通常数日かかってしまいますが、ビットコインであれば、早い取引が可能で10分程度しかかかりません。
そのほかにも、仲介する組織が存在しないため、手数料を支払う必要もないので、個人間の少額な支払いでは重要な特徴といえます。

誰でも気軽に利用できるというメリットがある反面、危険性も伴います。
価値が変動しますから、リスクも伴うということを知っておかないといけません。

また、政府や中央銀行などは、正式な通貨とは承認していませんから、何か起きたとしても、国が補償してくれることはなく、すべて自己責任となります。
そのほかにも、誰がどれくらい持っているかを把握することができないので、脱税に使用されるおそれもあり、国家運営には都合が悪い。

普及されると通貨の安定性をコントロールしにくくなり、脱税などが増えるため、政府が困るなどがあります。

このように、ビットコインにはメリットとデメリットがありますから、最新の記事を見て取引を行うことが大切です。

通常の通貨の比較を取引所を通してとらえる

Published / by admin

ビットコインの特徴のひとつは、世界共通ということがあります。

既成の通貨では、国をまたぐ取り引きをすると、莫大な手数料などが発生します。
その点、ビットコインはどこの国のものでもなく、ネット上で自由に迅速にやり取りができるため、
国をまたぐ企業や投資家にはとても便利です。

世界でお金を使うとなると、とにかく、振り込み手数料だけでも大変な額なのが、既成の取引所を介在しないという新しい取引になるので、比較すると、ビットコインはむだなお金を払わなくていいということになります。
ですから、国をまたぐようなお金のやり取りをなにかしらしている、もしくは、しようと思っているひとには、メリットが大きいといえます。
仮想通貨だからこそ、既成のむだな手続きから解放されるということです。

その点を理解し、ビットコインの特徴をとらえて運用をすると、今までの通貨では考えられなかったような、合理的で利益率の高い運用が可能にもなり得ます。

もちろん、国をまたぐようなお金のやり取りをしなくとも、便利ではありますが、いちばんの特徴のひとつが、手数料の無駄を省けることというのは、ひとつのファクトです。

ビットコインを取引所を通してとらえる

仮想の通貨であるからこその責任について

ビットコインは、世界各地にいる、ビットコインマイナーという人たちによって、維持管理されています。

正しく運用されるよう機能するよう、彼らはチェックしています。

しかし、銀行とちがうのは、何かで大損をしてしまったり、自分のコードを無くてしまう、あるいは他者に盗まれてしまうといった事態が起きたときには、基本的にすべて自己責任になります。
ですので、ビットコインを使うのなら、きちんと自己管理を徹底することが必要になります。

逆にいえば、自己管理をきちんとできる自信のあるひとには、向いている通貨システムといえます。
ビットコインは、ですから、リスクもありますが、リターンは大きい通貨システムということになります。

元来の通貨と比較すると、より自己の都合に合わせられるものでもあり、工夫の余地があり、うまく特徴をいかして利用できれば、非常に便利なシステムです。
ですから、ビットコインを使い始める前には、ある程度の勉強はしたほうが、得が多くなりやすいです。

メリットとリスクの理解が欠かせないのが、仮想通貨ということです。

儲けるためには相場を表すグラフを参考にする

Published / by admin

ビットコインでもうけるためにはどうしたらいいでしょうか。

少なくとも、グラフ上では通貨の価格が高くなることが必要になります。そもそもビットコインには、発行元は存在しません。

例えば日本円でいえば日本銀行が発行しています。通貨を発行するときには一定の量を超えないように調整をしているのです。これによって円の価値を変えています。もちろんその通りにならないこともありますが、発行元があることによって意図的に発行する量を変化させることができるという意味では、発行元の存在は大きなものになります。
円とドルの取引きを時もそのような情報を知ることによって成り立っているのです。

円ドルを取引きをする場合には取引所がありそこで換金をしてドルを買ったりドルを売ったりするわけです。

これに対してビットコインは、発行元はいません。発行元がいないということはどういうことかといえば、コインを採掘する形で手に入れるのです。

こうすることでコインの数は増えてきますが、一定量のコインを発行することをしかできません。

2100万ビットコインが上限になっています。相場を表すグラフを参考に価値が決まります。

相場を表すグラフを参考にする

通貨の価格は誰が決めているのかを知っておこう

日本円の場合は日本銀行が通貨の価格を調整していますが、ビットコインの場合には発行元がないため価格の調整をする人は不在のように思えます。
ですが現実には、価格の調整はされています。価格の調整をする人がいなければ無法地帯となってしまうからでしょう。

ではいったい誰が価格の調整をしているのでしょうか。

それはビットコインのプログラマーになります。プログラマーはだれでも自由になることができ、そこに参加することで価値を定めているのです。ブロックを壊して採掘することで、価格や相場を決めているようなものです。もちろんプログラマーたちの監視も十分に必要なところですのでそちらも重要になります。

いまいち分かりにくい部分ですが、分かりやすく言うならば金やプラチナなどの貴金属と同じような感じと考えておきましょう。

ブロックを壊して採掘するというのは、ちょうど金やプラチナを見つけるのと同じような感じです。
アメリカ大陸やアフリカ大陸などで眠っているものを人間が掘り起こしているわけです。

しかも自然のものですので、一定量しかありません。

購入できる単位は日本円で数百円から

Published / by admin

ビットコインはsatoshiやBTCという謎の通貨単位で取引されています。

もともとビットコインはプログラマーがインターネット上に作成したもので、管理しているのは国でもなんらかの団体でもなく、個人間の取引によって管理が行われています。
そして、それらの取引が記録されて履歴として残るということが信用のもとになっています。完全なる信用取引と言えるでしょう。

仮想通貨なので当然物理的に存在するというものではなく、取引所もその取引方法もインターネット上でのやり取りになります。
取引の単位も少額から可能になるので、実際利用しやすいというメリットがあります。

また世界中のどの通貨との取引も可能です。ビットコインを持つメリットというのは、まず世界中で利用可能ということがあるでしょう。

あとは一般的に多いのは、投資の感覚で持つということになります。株やFXと同じように、安いときに買って高いときに売るという使い方になります。

ビットコインを持っている人の多くは金稼ぎが目的でしょう。投資の一種として捉えておくのが良いでしょう。

ビットコインは仮想通貨の代名詞

仮想通貨の先駆けでもっとも信用がある

ビットコイン以外にもいろいろな仮想通貨が世界中で開発されています。

ビットコインはもちろんインターネット上で取引される通貨で、プログラミングでできています。
そしてそのロジックも公開されているので、そのロジックを真似て似たような仮想通貨を作っているプログラマーが世界中にいるということになります。

しかし、ビットコインが最初で、ロジックも他のものはビットコインの真似なので、やはり元祖は人気があるということになります。

チャートの読み方なども株やFXと同じになります。そして株やFXも結局はテクニカル分析が現代では唯一の選択肢に近いのですが、ビットコインも同じです。

むしろ読めないので特にテクニカル分析一択でしょう。ファンダメンタルで分析するには情報が一般に出回るのは遅いですし、一般の投資家が動き始めた頃には機関投資家の動きは完了しています。

なのでむしろファンダメンタル分析は完全に予測と真逆に相場が動くということも多いでしょう。なのでそういった読み方の方が逆に良いでしょう。
しかし、基本はテクニカル分析になります。

取引所ランキングからわかることとは何か

Published / by admin

日本ではあまりなじみがありませんが、仮想通貨としてビットコインと言うものが存在しています。

この特徴は、実際に手にすることができないことです。つまり所有はできるけども手に持って触ることができないものです。
通常は取引上にて取引をして、手に入れるしかありません。取引所で取引をする場合には、お金と交換をすることになります。この時には、手数料は取られることになりますが、例えば日本円をアメリカドルにする場合に取られる手数料等に比べると、かなり安くなっています。仮想通貨になりますので、情報を交換しただけのように感じるかもしれません。ですが、アメリカなどでは店舗などで使えるところが多く存在しています。

このコインがなかなか理解されにくいのは、発掘をすると言う部分ではないでしょうか。ブロックから採掘することで、コインを手に入れることができるのです。

ですがインターネット上にブロックがあるわけでもありません。

ましてや、中にコインが入っているわけは無いのです。あくまでこれは例え話であって、実際はネット上でコインの暗号を解読することが必要です。

ビットコインの取引

通貨として取引することができるのかが疑問

ビットコインを所有している場合、国によっては通貨として取引をしているところはあります。

ただし、完全にその国の通貨並に広がっている事はありません。あるとしても、1部の人の間で取引がされているだけです。アメリカでは、すでに2,000のお店で扱うことができるなっています。
これを多いと思うか少ないと思うかはその人の主観次第ですが、これに対して日本ではビットコインを使うことができるお店は、およそ60しかありません。

なぜ日本にはあまり広がっていないのでしょうか。もしこれが、外国の発祥のものであれば日本に広がらないのも納得できます。ですが、ビットコイン自体は日本が発祥と言われています。厳密に言えば日本人が作ったものです。

では今後、日本でビットコインが入るかと言われればなかなか難しい問題ではあります。なぜなら、早急に必要としているものでは無いからです。

少なくともビットコインの価値が日本よりも上回ることが重要になります。

しかも、ビットコインで億万長者が出るような背景がなければわざわざそれを調べようともしませんし、利用することもないはずです。