投稿者「admin」のアーカイブ

ビットコインのマイニングにかかる電気代の計算方法

Published / by admin

ビットコインを採掘する場合には、計算機に大量の計算をさせる必要があります。計算をする時に多くの電気を消費するので、採掘作業で得られた報酬から電気代を差し引いた分が利益(収入)となります。
このため本格的にマイニング作業に参加する場合には、計算機が消費する電気代を計算する必要があります。

計算機が消費する電気代の算出方法ですが、一番簡単な方法はフル稼働状態のパソコンの消費電力(W数)に稼働時間を掛けたWhを求める方法です。
電気代は1Whあたりの消費電力が決まっているので、電力会社との契約を確認して1Whあたりの電気代とパソコンの消費電力を掛けて算出することができます。

一般家庭の電気代は1,000Whあたり27円前後なので、消費電力が100Wのパソコンを8時間稼働させた場合の電気代は約22円となります。
採掘作業中はディスプレイやマウスなどの機器をOFFまたは取り外しておくことで、電気代を節約することができます。

厳密に消費電力を計測したい場合には、ワットチェッカーと呼ばれる装置を電源プラグに接続して直接測定する方法もあります。
同じ条件であれば消費電力は一定なので、最初に電流を実測しておくだけで以後はパソコンの稼働時間を記録するだけで電気代を計算することができます。

ビットコインのマイニングで稼ぐ方法

仮想通貨取引所で受けられるサービスの内容は?

マイニングに参加してコインを得たコインを換金したり、売買取引に参加して利益を稼ぐ場合には仮想通貨取引所の売買サービスを利用する必要があります。

仮想通貨取引所で受けられるサービスとは、仮想通貨の現物または証拠金売買取引です。現物売買サービスを利用すれば、仮想通貨を売却して日本円に換金をすることができます。
売買取引の方法には売り板・買い板を見ながら売り・買い注文を出してトレードを行う取引所方式と、業者が定める現在価格(レート)で両替を行う販売所方式があります。

販売所方式は銀行の外貨預金のサービスと同じで取引の方法が簡単ですが、手数料が高いというデメリットがあります。そのため多額の仮想通貨を売買取引する場合にはトレードに参加した方がお得です。
仮想通貨取引所の売買取引サービスを利用して仮想通貨や日本円を得たら、自分用のウォレットや銀行口座に出金をすることができます。

取引所のアカウントでも仮想通貨を保管することができるので、コイン価格が値上がりするまで出金をしないで待つことも可能です。

仮想通貨取引所のサービスを利用する際はIDとパスワードを取得して、自分専用の取引画面にログインして取引に参加します。
取引所の口座への不正ログイン被害を防ぐために、2段階認証を設定してセキュリティを高める必要があります。

ビットコインの相場を大胆予想

Published / by admin

ビットコインの相場を大胆予想すると、これからは大きな波を作りながら価値が上昇していくと考えます。

その理由はビットコインには実需がある事です。ビットコインを投機的なモノと考えている人も少なくありませんが、ネット間の取引に使用できる通貨と考えると、これからのネット社会では必要になる可能性が高いと考えられます。

ビットコインは政府の価値の保証がないというのが不安材料ではありますが、既に実需があるという事は大きなプラス材料です。
ネット間取引で圧倒的に便利という事は間違いないわけで、他の一般的な通貨と比較してネットでの利便性の良さは比較にならないという事が言えるでしょう。
世界的に基軸通貨が誕生して、世界の人々がその通貨を使用するというようになれば別ですが、国ごとに通貨が違うという今の状態を続けていくのであれば、このネット上で自由に使える通貨というのは、大きな価値を持つことになる事はかなりの確率であり得ることでしょう。

何しろこれから世界的にネット社会となることは確実とも思われているわけですから、この社会で使いやすい通貨で既に一番使用されているという意味は大きなものがあります。

信用を取りもどして価値が上昇する可能性は十分と考えます。

ビットコインはもう本当に終了なのか?

これまでの仮想通貨と日本円の推移について

これまでの仮想通貨のチャートを見て見ると右肩上がりで上昇した後で悪材料が出て一気に下がるという事になりました。
これによって日本円も少なからず影響を受けて円が買われるというような事もあったようです。仮想通貨が駄目だという事で、日本の円が見直されるという事になったのかもしれません。

ただ長期的にチャートをグラフとして見て見ると価値は上がっていると考えてもいいでしょう。

これはそれだけの期待がある事が示されたと考えられます。仮想通貨はリアルタイムでその期待値によって売買されることになっていて、ちょっとした悪材料でも叩き売られるという特徴があります。
今回の暴落にしても、特にそこまでの悪材料なのかという事だったりします。別にビットコインが使えなくなったというわけでもありません。

実際にネット上で最も利用されている仮想通貨としての地位は保っていて、シェアを失ったわけでもありません。
一番のシェアを持っているという事は、それだけでも強い意味を持つことになります。何しろ他より一番信用を獲得しているわけですから、それだけで強みを持つわけです。

下落も一時的なモノになる可能性が高いと判断できるでしょう。

ビットコインニュース最新情報

Published / by admin

2017年には、ビットコインの時価総額がペイパルを超えたというニュースがありました。

時価総額はビットコインの価値を表しますが、将来への期待もこめられています。
ビットコインはまだ実用性という意味では不安要素もたくさんあります。ペイパルと比べて利用者が多いというわけではないので、将来への期待がそれだけ大きいということでしょう。

ビットコインの将来を予測するためには、世界中の最新ニュースに目を向けておかなくてはなりません。
とある国がビットコインを財産として認めて保護をするというニュースが入ったら、大きく上昇する可能性があります。2017年4月に日本では仮想通貨法が施行されましたが、それから少し後にビットコインの価値が大きく上昇しました。

逆に、中国では仮想通貨と人民元とのトレードが禁止されるようになりました。世界がビットコインを禁止する動きになるのか、それとも積極的に認めていくという動きになるのかはまだわかりません。
大切なお金を投資しているので、世界の最新ニュースはしっかりとチェックしておきましょう。

ビットコインは認めるが、ダッシュやモネロのような匿名系の暗号通貨は認めないという方針になる可能性もあります。
暗号通貨のうちどれが生き残っていくのかということも重要なポイントです。

ビットコイン取引に乗り遅れるな

仮想通貨選びが負担なら時価総額で選ぶ!

情報収集は基本的には自己責任で行わなければなりません。
他人が発信している情報をあてにしていると、その情報が自分のもとに届いた頃にはすでにビットコインが暴落してしまっていたという可能性が高くなるでしょう。

英語が読める人は海外のニュースサイトもしっかりとチェックしておきましょう。英語が読めないという人でも、ブラウザの翻訳機能などを使うことで日本語に変換をして読むことができるということを知っておきましょう。

海外のニュースが日本語で発信されるのを待っていると、数日かかることがあります。
なるべくリアルタイムで情報をチェックしておくべきです。株式投資においては、時価総額が企業への期待を表しているため、時価総額が高い銘柄に投資をしておけば成功する可能性が高いと言われています。
10倍、20倍というように大きな上昇は見込めないものの、高い確率で利益を出すならば時価総額ランキングを参考にしましょう。

逆に、時価総額ランキングが低い仮想通貨は将来大きく上昇する可能性がある半面でリスクが高いです。
時価総額が高くても、日本ではダッシュやモネロなどの暗号系通貨はまだホワイトリストに入っていないため、投資をする場合には慎重になっておきましょう。

ビットコインゴールド通貨の相場状況

Published / by admin

ビットコインゴールドの相場状況は現在非常に上昇傾向にあります。

そのため一般的な通貨の投資対象として考えた場合にはいわゆる回の状態にあると考えられがちですが、ビットコインゴールドの誕生背景が非常に他のビットコインとは異なり様々な思惑が含まれているため不安定要素が非常に高いと推測されています。

ビットコインゴールドの誕生の背景にはビットコインの分裂が深く関わっており、従来のビットコインの仕組みを踏襲したビットコインゴールドが投資家の大きな支持を集めその相場が上昇していると言う背景があります。
そのため通常のビットコインのように市場の評価が高まり相場が高まっているわけではないことから投資においては十分な注意が必要です。

現在のところビットコインゴールドを取り扱う取引所が非常に少ないことやその情報が異常に少ないことから今後の取引については非常に不安定となる要素が強く、最新の情報を常に入手しながら取り扱うことが重要です。

BTCNの最新の情報を常にチェックし急激な相場の変動に備えるとともに過剰な投資を行わないように注意しながら様子を見守ることが現在は必要な状況となっています。

ビットコインゴールドはまだ危険

マイニングが起因のビットコインゴールド(仮想通貨)はリプレイ対策が不十分

ビットコインゴールドの相場が安定しない理由はビットコインゴールドが開発された原因がその他のビットコインとは異なりマイニングによるものである点にあります。

本来ビットコインはインターネット上の取引をスムーズに行うためその取引に高い利便性を与える構造としてマイニングの方式が採用されていますが、現在その方式には大きく分けて2種類あり、古くから利用されているマイニングの方式を守るために開発されたのがビットコインゴールドであるためです。

そのためビットコインゴールドにおいては従来のビットコインのようなインターネットにおける利便性を司るリプレイ対策が不十分であり、本来の通貨としての機能を十分に果たせるかどうかと言う点において多くの疑問が残っている面があります。
その店を多くの利用者をよく理解しており、特に取引所等ではその取り扱いを行うことで自らの信用を下げることを嫌いまだ取り扱いを行っていないと言うところが非常に多くなっています。

BTCNにおける相場情報でもこの店が大きく影響し相場状況が大きく変動している実態があります。

そのためビットコインゴールドは多くの支援者により相場価格は高められているとは言え現在リスクが非常に高く利用者が少ないのが実態です。

ウォレットが必要?ビットコインの使い方

Published / by admin

最近は投資以外にも、ビットコインを使って商品やサービスの決済ができるお店が増えています。

海外旅行の際に、現地の通貨に両替するよりもビットコインで支払った方が手数料がお得になる場合があります。
ビットコインを決済用に利用する場合には、自分専用のウォレットアプリが必要です。

ウォレットアプリを起動すると入金用のアドレスとQRコードが表示されるので、取引所の出金申請手続きのページで表示される入力フォーム内に、自分用のウォレットアプリが指定していしたコインアドレスの情報(文字列)をコピー&ペーストで正確に入力して出金額を指定します。

出金手続きを行ってから取引が承認されたら、コインの入金が完了です。
お店でビットコインを支払う時には、自分のウォレットにお店が指定するアドレスまたはQRコードの情報を入力して、手数料を指定してから送金を実行します。

ビットコインを使ってモノやサービスを購入する場合、支払いのたびに取引所のアカウントに接続して2段階認証をして出金申請をする訳にはいきません。

このため、支払いのためにビットコインを利用する場合には、スマートフォンに自分用のウォレットアプリをインストールしてコインを入金しておく必要があります。

利益を口座に送金する方法

ビットコイン取引用のアドレスを用意

ビットコインを自分で管理するためには、PCまたは携帯端末にウォレットアプリをインストールして、自分だけのビットコインアカウント(口座)を用意する必要があります。

自分用のビットコインアカウントを作成する方法ですが、ウォレットアプリで設定画面を出して、メニューから「アカウントの作成」を選びます。「自動生成(新規作成)」または復元(またはパスフレーズの入力)を選べるようになっているので、初めてビットコインアドレスを作成する場合には自動生成を選択します。「自動生成」を選択すると、アプリが自動的に自分専用の口座を作成してくれます。

新規にビットコインアドレスを作成する際に、復元フレーズ(12個の英単語)を記録するように指示されます。表示される順番に紙に英単語をメモしておき、厳重に保管するようにしましょう。

もしもアプリを消去した場合でも、復元フレーズを入力すればビットコインアドレスを復活させることができます
ビットコインアドレスを作成した後にウォレットアプリを起動すれば、画面に入金用のコインアドレスやQRコードを表示させることができます。

ビットコインアドレスは誰でも自由に作成することが可能で、名前やその他の個人情報を登録したり入力する必要がありません。

アプリに表示される受取用のコインアドレスはプライバシー保護のために変化することがありますが、違うアドレスでも同一の口座に入金されます。

ビットコイン(仮想通貨)とは?VALUとは?

Published / by admin

ネット上を徘徊していると仮想通貨の記事でVALUという単語を目にします。

これは新しく登場したウェブサービスの1つで個人の価値を取引するものです。本来無価値なものにも価格が付けられる特殊なものなのですが、違法性はありません。

簡単に説明すると個人がこれをしたいと考えた時にお金が必要なら、VALUを利用して他の方から資金調達をするサービスです。

また株のように価値が変動する仕組みを持っているのも特徴となっています。
投資をした人の価値が上がれば資金を提供した人も投資された側も利益を得られるシステムです。上記の投資をマイクロトレードサービスといい、ネット上で行われています。

ビットコインは通貨の1つで商品自体が現実に存在しないものです。データがネット上に蓄積され、これはいつでも現金化出来る金融商品となっています。
またブロックチェーンと呼ばれるシステムを採用し、取引を監視しているので不正ができない仕組みをしているのが特徴です。現金同様に価値のある商品として世界中で取引されています。

中央銀行のように管理者がおらず発行元もないので手数料が非常に安いのも魅力です。

ビットコインでしかVALUは取引できない?

VALUはビットコインで人の価値を株式のように取引できる画期的なサービス

VALUは資金調達で苦しんでいる個人を対象にしたサービスとなっています。

個人が気軽に資金確保できるため、多くの方がチャンスを得られるのが特徴です。
ただ買う時はビットコインしか使う事ができないサービスとなっているので、VAを買うときにはビットコインの取引所で購入する必要があります。

日本円で購入できるようにするとトレードも可能になるので資金決済法に抵触する可能性も高いです。これを考慮したうえでビットコインだけの取引にしています。
実際にVALUERになると株主のような扱いをされ、購入した人の公開コンテンツをみられるようになるのが特徴です。購入したから限定のイベントグッズやイベントも行っています。

また株同様に時価変動を行い、VAの状態でトレーディングも可能です。
これからブレイクしそうな方に目をつけて投資しておくと後で人気になった時多くのキャッシュバックを得られる可能性も高いといえるでしょう。

インターネット上では今最も人気のあるVALUランキングも掲載されています。

ホームページから誰でも新規登録できるので気になる方は価値を見出し投資をしたい人は使ってみると良いでしょう。

ビットコインのユーザー数が年々増加している大きな理由

Published / by admin

ビットコインのユーザー数は年々増加しています。

ビットコインが登場したのは2009年のことです。その時点では1円の価値もありませんでした。その後順調にユーザーを獲得し続け、4年後の2013年には一時的に10万円を超えています。
しかし、中国政府がビットコイン取引を禁止したことで、大きく価値を落としました。2014年にはビットコインの盗難事件が起きたことで一時的に2万円を下回りました。

ビットコインの歴史上で最も大きな大暴落を起こしたのは、2013年の12月に中国政府がビットコイン取引を禁止し、さらに2014年の2月にビットコイン盗難事件で世界最大の取引所が閉鎖したというタイミングでしょう。
中国人ユーザーが大半を占めていたこともあり、たった3ヶ月で価値が6分の1以下になってしまいました。

2014年以降はビットコインのユーザー数は年々増加しています。2013年12月から2014年2月にかけておきた事件は例外だったと言えます。
ユーザー数が年々増加している理由としては、ビットコインはお金としての完成度が非常に高いからであると言えます。

現実通貨のように国境がなく、偽札が作られる心配もなく、取引手数料は非常に安価です。

ビットコインの将来性

ビットコインを安全に取引できる取引所の特徴とは?

ビットコインはブロックチェーンという技術を利用しています。この点では他のアルトコインと共通しています。

ビットコインの最大の利点は、「お金」としての完成度が非常に高いという点にあります。
「お金」として利用をするならば、他の仮想通貨を利用する必要はなく、ビットコインがあれば足りるという意見もあるほどです。過去の取引履歴についてはすべて残っているので、マネーロンダリングなどの犯罪対策ともなります。
匿名性が高いですが、どのアドレスからどのアドレスへといくらのお金が送られたといった履歴は残っており、閲覧することができます。

ビットコインを安全に取引するなら、日本の取引所がおすすめです。
日本の取引所では日本の法律が適用されるということが大きいです。なにかトラブルが起きても日本で裁判をしたり、請求をしたりすることができます。

日本の取引所の中でも、利用者が多いところが良いでしょう。利用者が多いほどトレードが成約しやすくなります。クレジットカードで購入をしたい人は、クレジット決済に対応している取引所を選びましょう。

ただし、クレジットカードで購入をすると手数料がかかるという点には注意が必要です。

海外のビットコイン取引所を賢く活用

Published / by admin

ビットコインは仮想通貨のことで、この通貨は全国共通ですので、海外へ送金する際に、外貨へと両替する手間が省けます。
ただし、ビットコインを得るためには、売買取引所においてビットコインを購入しなければいけません。

ここで、ビットコインには相場がありますので、ビットコインを購入する際に、高値で買わされるリスクがあることには注意しなければいけません。ビットコインは投資としての性格を有しているために、その価値は日々変動しています。
相場変動のリスクに対しては何らかの方法でヘッジすることをおすすめします。
ビットコインを所有できたら、あとは、取引所を通じてビットコインを海外の方へ送金するだけです。このように、ビットコインではいとも簡単に海外送金ができるようになるのです。

ここで、銀行においての海外への送金の流れを見ていきましょう。

まず、自身の国内口座から出金します。そして、それを外貨へと両替します。その両替した外貨を銀行窓口で送金するよう依頼します。

以上のことから、銀行での送金手続きは非常に面倒だということが分かります。
これらの手間が、ビットコインを利用すると容易にできるようになります。

ビットコインの利用

ビットコインの海外送金にかかる手数料はいくら?

ビットコインでは、海外への送金手続きが簡単にできますが、手数料についてはどのようになっているのでしょうか。

まずは、銀行を利用した場合の手数料を見ていきます。例えば、10万円送金するとしたら、一般的に数千円は手数料として取られてしまいます。これは非常に大きいのではないでしょうか。
国内での送金が数百円ですから、10倍もの手数料が取られてしまいます。

これに対して、ビットコインではどうかというと、ビットコインは量で決まるのではなく、ビットコインのデータ量によって手数料が変動します。そして、少ないデータ量だと0円という結果になります。もちろんデータ量は天井知らずなので、最大値は銀行よりも高くなる可能性もあります。しかし、一般的な送金額であるとビットコインを利用する方が格段に安いことが分かります。ここで、ビットコインの取引所は多く存在します。その中から、信頼出来て、手数料が安い取引所を選ばなければいけません。

ここでは、例として、Zaifという取引所を照会します。この取引所は、日本からでも日本語で登録できますので、使いやすいサイトです。
他にも取引所はいくつもありますので、比較してみるといいでしょう。

ビットコインのクラウドマイニングとは

Published / by admin

ビットコインなどの暗号通貨は、マイナーが行うマイニング(採掘)作業によって新たなコインの発行や取引の承認が行われています。

マイナーには新たに採掘されるコインと手数料が報酬として与えられるので、投資としてマイニングに参加することができます。
ビットコインや他のアルトコインは取引所でコインを購入する他に、マイニングの報酬として得ることができます。暗号通貨のマイニングはインターネットに接続できるコンピュータがあれば誰でも参加することができます。

現在はビットコインや普及が進んだ数種類の暗号通貨は多くの人がマイニングに参加しています。日本のように電気代が高額な地域でマイニング作業を行うと、得られる報酬よりも計算機や空調設備の設置費用や電気代の方が高くついてしまいます。
これに対してマイニングプールなどの管理者に対して出資を行い、得られたコインを配当として受け取ることができる仕組みを「クラウドマイニング」と呼びます。

クラウドマイニングとは、採掘を行うマイニンググループまたはマイニングプール管理者に対する「投資」です。

自分でマイニングに参加しなくても、投資額に対して定期的に一定の配当金を受け取ることができます。クラウドマイニングに参加する方法はマイニンググループに登録して、出資金として一定額以上のビットコインまたはアルトコインを支払うだけです。元金以上のコインが得られたら、利益を得ることができます。

マイニングに投資する

ビットコインのクラウドマイニングは儲かるの?

海外にはビットコインのクラウドマイニングを行うグループがあり、登録すれば日本人でも出資することができます。

基本的に自分で採掘作業を行うわけではないので、配当金が投資金を上回れば儲かったことになります。
ただし元金を回収する前にマイニンググループが倒産したり、投資先が詐欺グループあれば元本割れになるリスクがあります。

ちなみにビットコインの場合はマイニング難易度が非常に高いので、クラウドマイニングに投資しても元金を回収するまでに長い時間がかかってしまいます。
ビットコインはクラウドマイニングに参加するよりも取引所でトレードをした方が高い利益を出すことができます。

クラウドマイニングに参加するのであれば、アルトコインの方がおすすめです。匿名性が高い暗号通貨として人気が高いZcashは急激な値上がりを続けているので、マイニングでもトレードと同じように高い利益を得ることができます。
日本の取引所で売買されていないアルトコインのクラウドマイニングに参加する場合は、海外の販売所を利用してクレジットカード決済を利用して投資金のコインを購入することができます。
海外であれば、出資金をクレジットカードで支払うことができるマイニングチームもあります。

取引を銀行振り込みでするにはどこの銀行がいいのか?

Published / by admin

仮想通貨取引所を利用してビットコインを購入するために、まず最初に自分のアカウント内に日本円を入金する必要があります。

一部の取引所はコンビニ払いにも対応していますが、ほとんどの取引所は銀行振込みを利用して資金を入金します。振込手続きの際に金融機関に支払う送金手数料は自分で負担しなければならないので、頻繁に入金する場合には手数料が安いまたは無料になる金融機関を利用したほうがお得です。

日本円を入金する際は、利用している仮想通貨取引所が提携している金融機関の口座に送金します。振込手続きをする金融機関が送金先と同じ会社であれば、手数料が無料になる場合があります。

日本国内の主要な仮想通貨取引所と提携している金融機関ですが、bitbank・Btcbox・coincheck・QUOINEX・Zaifは住信SBIネット銀行で、bitFlyerとKrakenは三井住友銀行です。住信SBIネット銀行であれば同行間の送金であれば手数料が無料になりますし、ポイントプログラムを活用すれば毎月数回~15回まで他行送金手数料が無料になるサービスが利用できます。

さらに振込手続直後に仮想通貨取引所のアカウントに入金が反映されることから、口座への入金手数料や利便性を考慮すれば住信SBIネット銀行が一番おすすめです。

ちなみに取引所から日本円を出金する場合には、どの銀行を指定しても手数料は変わりません。

取引の際に便利な銀行

取引所で取引するための銀行振り込みでの方法は?

ビットコイン取引所の口座に日本円を入金する方法は取引所ごとに違いますが、各社とも指定された銀行口座に振込手続きを行います。

取引所によっては送金元の口座を登録したり、金額を入力してから送金先の口座が指定される場合があります。

bitflyerであれば、最初に登録した口座から振込手続きを行う必要があります。coincheckであれば携帯電話で本人確認をした後に入金ができるようになります。btcboxであれば最初に入金金額を入力してから振込先口座が表示されます。

取引所によって入金時の手続き方法が違うものの、基本的に送金先の支店名・口座番号が通知されたら振込手続きを行うことができます。証券会社やFXで銀行振込を利用して入金をする方法と似ているため、株やFX経験者であれば同じように入金の手続きができます。

振込手続きを行う際に金融機関の窓口やATMも利用できますが、仮想通貨を取引する際はインターネットを利用するのでインターネット銀行で振込手続きをすると便利です。

インターネット銀行を利用すれば振込先の口座番号をコピー&ペーストで簡単に入力することができますし、振込手続きをしてから取引所のアカウントに資金が反映されるまでの時間が短いのでおすすめです。