投稿者「admin」のアーカイブ

ウォレットが必要?ビットコインの使い方

Published / by admin

最近は投資以外にも、ビットコインを使って商品やサービスの決済ができるお店が増えています。

海外旅行の際に、現地の通貨に両替するよりもビットコインで支払った方が手数料がお得になる場合があります。
ビットコインを決済用に利用する場合には、自分専用のウォレットアプリが必要です。

ウォレットアプリを起動すると入金用のアドレスとQRコードが表示されるので、取引所の出金申請手続きのページで表示される入力フォーム内に、自分用のウォレットアプリが指定していしたコインアドレスの情報(文字列)をコピー&ペーストで正確に入力して出金額を指定します。

出金手続きを行ってから取引が承認されたら、コインの入金が完了です。
お店でビットコインを支払う時には、自分のウォレットにお店が指定するアドレスまたはQRコードの情報を入力して、手数料を指定してから送金を実行します。

ビットコインを使ってモノやサービスを購入する場合、支払いのたびに取引所のアカウントに接続して2段階認証をして出金申請をする訳にはいきません。

このため、支払いのためにビットコインを利用する場合には、スマートフォンに自分用のウォレットアプリをインストールしてコインを入金しておく必要があります。

利益を口座に送金する方法

ビットコイン取引用のアドレスを用意

ビットコインを自分で管理するためには、PCまたは携帯端末にウォレットアプリをインストールして、自分だけのビットコインアカウント(口座)を用意する必要があります。

自分用のビットコインアカウントを作成する方法ですが、ウォレットアプリで設定画面を出して、メニューから「アカウントの作成」を選びます。「自動生成(新規作成)」または復元(またはパスフレーズの入力)を選べるようになっているので、初めてビットコインアドレスを作成する場合には自動生成を選択します。「自動生成」を選択すると、アプリが自動的に自分専用の口座を作成してくれます。

新規にビットコインアドレスを作成する際に、復元フレーズ(12個の英単語)を記録するように指示されます。表示される順番に紙に英単語をメモしておき、厳重に保管するようにしましょう。

もしもアプリを消去した場合でも、復元フレーズを入力すればビットコインアドレスを復活させることができます
ビットコインアドレスを作成した後にウォレットアプリを起動すれば、画面に入金用のコインアドレスやQRコードを表示させることができます。

ビットコインアドレスは誰でも自由に作成することが可能で、名前やその他の個人情報を登録したり入力する必要がありません。

アプリに表示される受取用のコインアドレスはプライバシー保護のために変化することがありますが、違うアドレスでも同一の口座に入金されます。

ビットコイン(仮想通貨)とは?VALUとは?

Published / by admin

ネット上を徘徊していると仮想通貨の記事でVALUという単語を目にします。

これは新しく登場したウェブサービスの1つで個人の価値を取引するものです。本来無価値なものにも価格が付けられる特殊なものなのですが、違法性はありません。

簡単に説明すると個人がこれをしたいと考えた時にお金が必要なら、VALUを利用して他の方から資金調達をするサービスです。

また株のように価値が変動する仕組みを持っているのも特徴となっています。
投資をした人の価値が上がれば資金を提供した人も投資された側も利益を得られるシステムです。上記の投資をマイクロトレードサービスといい、ネット上で行われています。

ビットコインは通貨の1つで商品自体が現実に存在しないものです。データがネット上に蓄積され、これはいつでも現金化出来る金融商品となっています。
またブロックチェーンと呼ばれるシステムを採用し、取引を監視しているので不正ができない仕組みをしているのが特徴です。現金同様に価値のある商品として世界中で取引されています。

中央銀行のように管理者がおらず発行元もないので手数料が非常に安いのも魅力です。

ビットコインでしかVALUは取引できない?

VALUはビットコインで人の価値を株式のように取引できる画期的なサービス

VALUは資金調達で苦しんでいる個人を対象にしたサービスとなっています。

個人が気軽に資金確保できるため、多くの方がチャンスを得られるのが特徴です。
ただ買う時はビットコインしか使う事ができないサービスとなっているので、VAを買うときにはビットコインの取引所で購入する必要があります。

日本円で購入できるようにするとトレードも可能になるので資金決済法に抵触する可能性も高いです。これを考慮したうえでビットコインだけの取引にしています。
実際にVALUERになると株主のような扱いをされ、購入した人の公開コンテンツをみられるようになるのが特徴です。購入したから限定のイベントグッズやイベントも行っています。

また株同様に時価変動を行い、VAの状態でトレーディングも可能です。
これからブレイクしそうな方に目をつけて投資しておくと後で人気になった時多くのキャッシュバックを得られる可能性も高いといえるでしょう。

インターネット上では今最も人気のあるVALUランキングも掲載されています。

ホームページから誰でも新規登録できるので気になる方は価値を見出し投資をしたい人は使ってみると良いでしょう。

ビットコインのユーザー数が年々増加している大きな理由

Published / by admin

ビットコインのユーザー数は年々増加しています。

ビットコインが登場したのは2009年のことです。その時点では1円の価値もありませんでした。その後順調にユーザーを獲得し続け、4年後の2013年には一時的に10万円を超えています。
しかし、中国政府がビットコイン取引を禁止したことで、大きく価値を落としました。2014年にはビットコインの盗難事件が起きたことで一時的に2万円を下回りました。

ビットコインの歴史上で最も大きな大暴落を起こしたのは、2013年の12月に中国政府がビットコイン取引を禁止し、さらに2014年の2月にビットコイン盗難事件で世界最大の取引所が閉鎖したというタイミングでしょう。
中国人ユーザーが大半を占めていたこともあり、たった3ヶ月で価値が6分の1以下になってしまいました。

2014年以降はビットコインのユーザー数は年々増加しています。2013年12月から2014年2月にかけておきた事件は例外だったと言えます。
ユーザー数が年々増加している理由としては、ビットコインはお金としての完成度が非常に高いからであると言えます。

現実通貨のように国境がなく、偽札が作られる心配もなく、取引手数料は非常に安価です。

ビットコインの将来性

ビットコインを安全に取引できる取引所の特徴とは?

ビットコインはブロックチェーンという技術を利用しています。この点では他のアルトコインと共通しています。

ビットコインの最大の利点は、「お金」としての完成度が非常に高いという点にあります。
「お金」として利用をするならば、他の仮想通貨を利用する必要はなく、ビットコインがあれば足りるという意見もあるほどです。過去の取引履歴についてはすべて残っているので、マネーロンダリングなどの犯罪対策ともなります。
匿名性が高いですが、どのアドレスからどのアドレスへといくらのお金が送られたといった履歴は残っており、閲覧することができます。

ビットコインを安全に取引するなら、日本の取引所がおすすめです。
日本の取引所では日本の法律が適用されるということが大きいです。なにかトラブルが起きても日本で裁判をしたり、請求をしたりすることができます。

日本の取引所の中でも、利用者が多いところが良いでしょう。利用者が多いほどトレードが成約しやすくなります。クレジットカードで購入をしたい人は、クレジット決済に対応している取引所を選びましょう。

ただし、クレジットカードで購入をすると手数料がかかるという点には注意が必要です。

海外のビットコイン取引所を賢く活用

Published / by admin

ビットコインは仮想通貨のことで、この通貨は全国共通ですので、海外へ送金する際に、外貨へと両替する手間が省けます。
ただし、ビットコインを得るためには、売買取引所においてビットコインを購入しなければいけません。

ここで、ビットコインには相場がありますので、ビットコインを購入する際に、高値で買わされるリスクがあることには注意しなければいけません。ビットコインは投資としての性格を有しているために、その価値は日々変動しています。
相場変動のリスクに対しては何らかの方法でヘッジすることをおすすめします。ビットコインを所有できたら、あとは、取引所を通じてビットコインを海外の方へ送金するだけです。このように、ビットコインではいとも簡単に海外送金ができるようになるのです。ここで、銀行においての海外への送金の流れを見ていきましょう。

まず、自身の国内口座から出金します。そして、それを外貨へと両替します。その両替した外貨を銀行窓口で送金するよう依頼します。以上のことから、銀行での送金手続きは非常に面倒だということが分かります。
これらの手間が、ビットコインを利用すると容易にできるようになります。

ビットコインの利用

ビットコインの海外送金にかかる手数料はいくら?

ビットコインでは、海外への送金手続きが簡単にできますが、手数料についてはどのようになっているのでしょうか。

まずは、銀行を利用した場合の手数料を見ていきます。例えば、10万円送金するとしたら、一般的に数千円は手数料として取られてしまいます。これは非常に大きいのではないでしょうか。国内での送金が数百円ですから、10倍もの手数料が取られてしまいます。
これに対して、ビットコインではどうかというと、ビットコインは量で決まるのではなく、ビットコインのデータ量によって手数料が変動します。そして、少ないデータ量だと0円という結果になります。もちろんデータ量は天井知らずなので、最大値は銀行よりも高くなる可能性もあります。しかし、一般的な送金額であるとビットコインを利用する方が格段に安いことが分かります。ここで、ビットコインの取引所は多く存在します。その中から、信頼出来て、手数料が安い取引所を選ばなければいけません。
ここでは、例として、Zaifという取引所を照会します。この取引所は、日本からでも日本語で登録できますので、使いやすいサイトです。
他にも取引所はいくつもありますので、比較してみるといいでしょう。

ビットコインのクラウドマイニングとは

Published / by admin

ビットコインなどの暗号通貨は、マイナーが行うマイニング(採掘)作業によって新たなコインの発行や取引の承認が行われています。

マイナーには新たに採掘されるコインと手数料が報酬として与えられるので、投資としてマイニングに参加することができます。
ビットコインや他のアルトコインは取引所でコインを購入する他に、マイニングの報酬として得ることができます。暗号通貨のマイニングはインターネットに接続できるコンピュータがあれば誰でも参加することができます。

現在はビットコインや普及が進んだ数種類の暗号通貨は多くの人がマイニングに参加しています。日本のように電気代が高額な地域でマイニング作業を行うと、得られる報酬よりも計算機や空調設備の設置費用や電気代の方が高くついてしまいます。これに対してマイニングプールなどの管理者に対して出資を行い、得られたコインを配当として受け取ることができる仕組みを「クラウドマイニング」と呼びます。

クラウドマイニングとは、採掘を行うマイニンググループまたはマイニングプール管理者に対する「投資」です。

自分でマイニングに参加しなくても、投資額に対して定期的に一定の配当金を受け取ることができます。クラウドマイニングに参加する方法はマイニンググループに登録して、出資金として一定額以上のビットコインまたはアルトコインを支払うだけです。元金以上のコインが得られたら、利益を得ることができます。

マイニングに投資する

ビットコインのクラウドマイニングは儲かるの?

海外にはビットコインのクラウドマイニングを行うグループがあり、登録すれば日本人でも出資することができます。

基本的に自分で採掘作業を行うわけではないので、配当金が投資金を上回れば儲かったことになります。
ただし元金を回収する前にマイニンググループが倒産したり、投資先が詐欺グループあれば元本割れになるリスクがあります。

ちなみにビットコインの場合はマイニング難易度が非常に高いので、クラウドマイニングに投資しても元金を回収するまでに長い時間がかかってしまいます。
ビットコインはクラウドマイニングに参加するよりも取引所でトレードをした方が高い利益を出すことができます。

クラウドマイニングに参加するのであれば、アルトコインの方がおすすめです。匿名性が高い暗号通貨として人気が高いZcashは急激な値上がりを続けているので、マイニングでもトレードと同じように高い利益を得ることができます。
日本の取引所で売買されていないアルトコインのクラウドマイニングに参加する場合は、海外の販売所を利用してクレジットカード決済を利用して投資金のコインを購入することができます。
海外であれば、出資金をクレジットカードで支払うことができるマイニングチームもあります。

取引を銀行振り込みでするにはどこの銀行がいいのか?

Published / by admin

仮想通貨取引所を利用してビットコインを購入するために、まず最初に自分のアカウント内に日本円を入金する必要があります。

一部の取引所はコンビニ払いにも対応していますが、ほとんどの取引所は銀行振込みを利用して資金を入金します。振込手続きの際に金融機関に支払う送金手数料は自分で負担しなければならないので、頻繁に入金する場合には手数料が安いまたは無料になる金融機関を利用したほうがお得です。

日本円を入金する際は、利用している仮想通貨取引所が提携している金融機関の口座に送金します。振込手続きをする金融機関が送金先と同じ会社であれば、手数料が無料になる場合があります。

日本国内の主要な仮想通貨取引所と提携している金融機関ですが、bitbank・Btcbox・coincheck・QUOINEX・Zaifは住信SBIネット銀行で、bitFlyerとKrakenは三井住友銀行です。住信SBIネット銀行であれば同行間の送金であれば手数料が無料になりますし、ポイントプログラムを活用すれば毎月数回~15回まで他行送金手数料が無料になるサービスが利用できます。

さらに振込手続直後に仮想通貨取引所のアカウントに入金が反映されることから、口座への入金手数料や利便性を考慮すれば住信SBIネット銀行が一番おすすめです。

ちなみに取引所から日本円を出金する場合には、どの銀行を指定しても手数料は変わりません。

取引の際に便利な銀行

取引所で取引するための銀行振り込みでの方法は?

ビットコイン取引所の口座に日本円を入金する方法は取引所ごとに違いますが、各社とも指定された銀行口座に振込手続きを行います。

取引所によっては送金元の口座を登録したり、金額を入力してから送金先の口座が指定される場合があります。

bitflyerであれば、最初に登録した口座から振込手続きを行う必要があります。coincheckであれば携帯電話で本人確認をした後に入金ができるようになります。btcboxであれば最初に入金金額を入力してから振込先口座が表示されます。

取引所によって入金時の手続き方法が違うものの、基本的に送金先の支店名・口座番号が通知されたら振込手続きを行うことができます。証券会社やFXで銀行振込を利用して入金をする方法と似ているため、株やFX経験者であれば同じように入金の手続きができます。

振込手続きを行う際に金融機関の窓口やATMも利用できますが、仮想通貨を取引する際はインターネットを利用するのでインターネット銀行で振込手続きをすると便利です。

インターネット銀行を利用すれば振込先の口座番号をコピー&ペーストで簡単に入力することができますし、振込手続きをしてから取引所のアカウントに資金が反映されるまでの時間が短いのでおすすめです。

短期間で爆発的にその価格を上昇させた

Published / by admin

ビットコインというのは登場した当初は、何ら価値の無いものでした。

しかし、仮想通貨として便利に使うことができるという点に着目をされ、少しずつ様々な人から評価をされるようになってからというものは少しずつその価値を上昇させていくことになり、2013年頃からは短期間で爆発的に価格を上昇させることになったのです。

当初は一銭の価値もなかったビットコインが、ついには1Bitcoinで1000ドルを超えるほどの価値を持つようになりました。

何の価値も持たない電子的なデータがこれだけの価値を持つようになったのは、ビットコインの持つ可能性とその信用にあります。

簡単に偽造をすることができず、どこの誰にどのようにして取引をしたのかということが詳細に記録されるものとなっているので流れが把握でき二重譲渡などが起こり得ない堅牢性から高い信用を持つようになりました。

そして、個人間の送金なども簡単にできるという利便性に注目をして、投資家などがこぞってビットコインに投資をしたことによって、短期間で驚くほどまでに価値を上昇させることになったのです。

更なる上昇が期待できる

今後更に価値が上昇していく

短期間で爆発的に価値を上昇させたビットコインですが、今後はどうなるかというと更に価値が上昇していくことが予想されます。

ここから先短期間で、100倍1000倍になるということは考えられませんが、仮想通貨の整備が進んでいけばより利便性は増すことになりその価値は高まっていくことになるため、その結果として更に価値が高まると考えられます。

現段階ではまだまだ取引所などの整備ができていませんが、この辺りもしっかりと安心して取引をすることができるようになれば、一般人であっても気軽にビットコインなどの仮想通貨に投資をすることができるようになるため、流通も増え価値が高まっていくということになります。

ただし、注意が必要な点としてはビットコインがこのまま価値を上昇していくとは限らず、別の仮想通貨にその座を取って代わられる可能性はあるので、仮想通貨の価値自体は高まっていくものの必ずしもビットコインの価値が高くなるとは限らないということです。

無価値になるということは考えにくくとも、より優れた仮想通貨が登場したときには仮想通貨の代表的な存在の座を明け渡す可能性も考えられます。

採掘作業により新たに生成される仕組みとは

Published / by admin

一般的な電子マネーは利用者がお金を支払うと管理者(会社)が新たなポイントを発行し、お互いに債権者と債務者の関係にあります。

ビットコインのような仮想通貨では、一般的な電子マネーのように債務者や債権者が存在しません。その代わりに、採掘者が計算機上である課題を解いて正答を見つけると新たな通貨が生成(発行)され、報酬として答えを得た人に与えられます。

電子マネーは管理者のコンピュータに全ての取引内容を記録されます。これに対して仮想通貨は全ての取引内容はブロックチェーンと呼ばれる大福帳に記録されます。この大福帳は世界中で採掘を行う人達(マイナー)によって共有・管理されます。ビットコインは新たなコインの発行や送金手続きが10分毎に行われます。10分毎にビットコインのブロックが生成され、これは大福帳に新たな1ページが加えられるのに相当します。

大福帳に新たなページを加えるためには、誰かが採掘作業を行って一定の難易度の問題を解いて正答を見つけなければなりません。
マイナー達の計算機の演算能力によって問題の難易度が高くなるため、誰かが勝手に不正なブロックを偽造することができない仕組みになっています。マイナーが行う採掘作業により過去の取引の正当性のチェックも行われ、不正使用を防ぐことができます。

新たに生成されるビットコインは、取引の正当性をチェックするマイナーに対する報酬として与えられるのです。

ビットコインが生成される仕組み

流通する通貨の総量と採掘者に与えられるコインの報酬の関係とは

仮想通貨を新たに生成したり、不正取引を防止するためにはマイニングと呼ばれる作業が必要です。

採掘されたコインはマイニングの報酬としてマイナーに与えられます。

ビットコインの場合には発行されるコインの残高が最大2100万BTCと決められていて、スタートから数えて210,000ブロック毎に報酬として与えられるコインが半減する仕組みになっています。最初の報酬額は25BTCですが、2016年7月以降は12.5BITに半減されました。やがて2100万BTCが発行されると、マイニングを行っても新たなコインが生成されなくなってしまいます。

それでも、仮想通貨取引を続けるためには誰かがマイニングの作業を行って新たなブロック(大福帳のページ)を生成し続けなければなりません。
実は、2100万BTCが発行されて新たなコインの生成がストップしても、マイナー達はマイニングの報酬を得ることができる仕組みになっています。利用者がビットコインを他のアドレスに送金する際に支払われる送金手数料が、マイニングの報酬としてマイナー達に与えられます。

ビットコインの世界で行われる送金手続と不正防止のためのチェック作業は計算機上のマイニング作業により維持・管理が行われ、新たに発行される仮想通貨まはた送金手数料が、マイナーに対する報酬として与えられる仕組みになっているのです。

今後の相場はどのようになっていくのか

Published / by admin

近年ビットコインの注目は非常に高まっていて、1Bitcoinが1000ドルを超えるほどの価値を持つようになってからより一層その注目は大きなものとなりました。

ビットコインや仮想通貨の持つ可能性に魅力を感じた人たちがこぞって、ビットコインを手に入れようとしたことによって価格が急上昇をしています。

元々は何の価値も持たないものであるだけに、今の価格だけ見ても異常事態に感じられる人もいるかもしれませんが、ビットコインの可能性を考えれば今後もまだ相場は上昇していくことが予想されます。

ただし、スムーズな右肩上がりで上昇していくとは限らず、仮想通貨の置かれている情況というのはまだまだ不安定なものですから、短期的には大きな乱高下が発生することは予想に難いものではありません。

そのため、ビットコインに投資を考えている場合にはタイミングを少し外してしまうと、上昇をするということを読んでいたとしても、短期的な下落で大きな損失を出す可能性もあるだけに、投資対象としてはリスクも潜んでいる物となっているため気をつけなければなりません。

ビットコインの今後の相場

今後は他の仮想通貨にも注目が集まっていく

ビットコインは仮想通貨の代表的な存在ではありますが、仮想通貨というのはビットコイン以外にも様々なものがあります。

そのため、今後はビットコインだけでなくそれ以外の仮想通貨も注目をあつめることは間違いなく、ビットコイン以上の価値を持つものが登場することも可能性としてはなくはありません。

仮想通貨の取引所なども整備されつつあり、現実の通貨と同様に気軽に取引をすることができるようになりつつありますから、その中でどのような通貨が覇権を握るのかということに関しては正確な予想は難しいといえます。

仮想通貨の技術自体はこれから先大きな伸びしろがあるので、将来性は十分ですがどれを選ぶのかということが非常に重要なこととなってきます。

現在はビットコインが一歩も二歩もリードをしていますが、ITの世界というのは革新的な技術が生まれた瞬間に先行していたものがあっという間に置き去りにされてしまうということもありますから、ビットコインにだけ注目をするのではなくそれ以外のものの動向に関してもしっかりと確認をしておくようにしましょう。

儲けが出たら税金がかかるの?確定申告は必要?

Published / by admin

ビットコインの取引によって得た利益は、課税対象となります。

しかし、評価益に対する課税はなく、売却をした時に得た利益に対して課税されます。例えば、100万円分をビットコインを購入して、仮想通貨の価値が上昇したことによって、150万円まで価値が上がったとします。価値が上がったとしても、その時点では課税対象とはならず、売却をして150万円の現金を得た段階で課税されます。

どの所得区分になるかは明確には決まっていませんが、一般的には譲渡所得がかかり、営利目的でトレードする場合には雑所得または事業所得としてみなされる可能性が高いでしょう。
譲渡所得の場合には50万円の基礎控除が適用されます。雑所得または事業所得になる場合には、サラリーマンやOLの場合、利益が20万円以下となる場合には確定申告の義務はありません。
給与所得を得ていない人は、利益が38万円の基礎控除の金額以下なら、確定申告は不要です。

ビットコイン購入のためにかかった消費税や手数料、売却のためにかかった費用などは利益から差し引くことができます。

経費を差し引いても、なお20万円もしくは38万円以上の利益が出ている場合には、所得税・住民税がかかってくるので、確定申告が必要になります。

取引における税金

仮想通貨は法律がまだ整備されていない?

ビットコインを始めとした仮想通貨は、法律がまだ整備されていないため、今後扱いが変わってくる可能性があります。

例えば、消費税については、これまではビットコイン購入時に8%がかかっていましたが、2017年春から非課税になるという発表がありました。

外貨預金やFX取引などでは、すでに消費税は非課税とされていましたが、ビットコイン取引をする時には8%の消費税がかかってきており、投資のメリットが半減するという意見がありました。

法律が改正され、ビットコインなどの仮想通貨に消費税がかからなくなれば、仮想通貨の投資に関心を持つ人が増えるという予測があります。
しかし、取引には別途手数料もかかるので、単純に仮想通貨の価値が上がれば利益が出るというものではないという点に注意が必要です。しかし、ビットコイン取引の手数料は非常に安いので、消費税が非課税になることで、さらに人気が出る可能性があります。

利益が出たら所得税・住民税がかかってしまいますが、経費として計上できるものは意外に多いです。

例えば、パソコンの購入費、有料セミナーへの参加費なども経費として計上できることがあります。投資を始める人は、税金についても勉強をしておきましょう。