ビットコインニュース最新情報

2017年には、ビットコインの時価総額がペイパルを超えたというニュースがありました。

時価総額はビットコインの価値を表しますが、将来への期待もこめられています。
ビットコインはまだ実用性という意味では不安要素もたくさんあります。ペイパルと比べて利用者が多いというわけではないので、将来への期待がそれだけ大きいということでしょう。

ビットコインの将来を予測するためには、世界中の最新ニュースに目を向けておかなくてはなりません。
とある国がビットコインを財産として認めて保護をするというニュースが入ったら、大きく上昇する可能性があります。2017年4月に日本では仮想通貨法が施行されましたが、それから少し後にビットコインの価値が大きく上昇しました。

逆に、中国では仮想通貨と人民元とのトレードが禁止されるようになりました。世界がビットコインを禁止する動きになるのか、それとも積極的に認めていくという動きになるのかはまだわかりません。
大切なお金を投資しているので、世界の最新ニュースはしっかりとチェックしておきましょう。

ビットコインは認めるが、ダッシュやモネロのような匿名系の暗号通貨は認めないという方針になる可能性もあります。
暗号通貨のうちどれが生き残っていくのかということも重要なポイントです。

ビットコイン取引に乗り遅れるな

仮想通貨選びが負担なら時価総額で選ぶ!

情報収集は基本的には自己責任で行わなければなりません。
他人が発信している情報をあてにしていると、その情報が自分のもとに届いた頃にはすでにビットコインが暴落してしまっていたという可能性が高くなるでしょう。

英語が読める人は海外のニュースサイトもしっかりとチェックしておきましょう。英語が読めないという人でも、ブラウザの翻訳機能などを使うことで日本語に変換をして読むことができるということを知っておきましょう。

海外のニュースが日本語で発信されるのを待っていると、数日かかることがあります。
なるべくリアルタイムで情報をチェックしておくべきです。株式投資においては、時価総額が企業への期待を表しているため、時価総額が高い銘柄に投資をしておけば成功する可能性が高いと言われています。
10倍、20倍というように大きな上昇は見込めないものの、高い確率で利益を出すならば時価総額ランキングを参考にしましょう。

逆に、時価総額ランキングが低い仮想通貨は将来大きく上昇する可能性がある半面でリスクが高いです。
時価総額が高くても、日本ではダッシュやモネロなどの暗号系通貨はまだホワイトリストに入っていないため、投資をする場合には慎重になっておきましょう。