月別アーカイブ: 2017年7月

海外のビットコイン取引所を賢く活用

Published / by admin

ビットコインは仮想通貨のことで、この通貨は全国共通ですので、海外へ送金する際に、外貨へと両替する手間が省けます。
ただし、ビットコインを得るためには、売買取引所においてビットコインを購入しなければいけません。

ここで、ビットコインには相場がありますので、ビットコインを購入する際に、高値で買わされるリスクがあることには注意しなければいけません。ビットコインは投資としての性格を有しているために、その価値は日々変動しています。
相場変動のリスクに対しては何らかの方法でヘッジすることをおすすめします。ビットコインを所有できたら、あとは、取引所を通じてビットコインを海外の方へ送金するだけです。このように、ビットコインではいとも簡単に海外送金ができるようになるのです。ここで、銀行においての海外への送金の流れを見ていきましょう。

まず、自身の国内口座から出金します。そして、それを外貨へと両替します。その両替した外貨を銀行窓口で送金するよう依頼します。以上のことから、銀行での送金手続きは非常に面倒だということが分かります。
これらの手間が、ビットコインを利用すると容易にできるようになります。

ビットコインの利用

ビットコインの海外送金にかかる手数料はいくら?

ビットコインでは、海外への送金手続きが簡単にできますが、手数料についてはどのようになっているのでしょうか。

まずは、銀行を利用した場合の手数料を見ていきます。例えば、10万円送金するとしたら、一般的に数千円は手数料として取られてしまいます。これは非常に大きいのではないでしょうか。国内での送金が数百円ですから、10倍もの手数料が取られてしまいます。
これに対して、ビットコインではどうかというと、ビットコインは量で決まるのではなく、ビットコインのデータ量によって手数料が変動します。そして、少ないデータ量だと0円という結果になります。もちろんデータ量は天井知らずなので、最大値は銀行よりも高くなる可能性もあります。しかし、一般的な送金額であるとビットコインを利用する方が格段に安いことが分かります。ここで、ビットコインの取引所は多く存在します。その中から、信頼出来て、手数料が安い取引所を選ばなければいけません。
ここでは、例として、Zaifという取引所を照会します。この取引所は、日本からでも日本語で登録できますので、使いやすいサイトです。
他にも取引所はいくつもありますので、比較してみるといいでしょう。