月別アーカイブ: 2017年3月

短期間で爆発的にその価格を上昇させた

Published / by admin

ビットコインというのは登場した当初は、何ら価値の無いものでした。
しかし、仮想通貨として便利に使うことができるという点に着目をされ、少しずつ様々な人から評価をされるようになってからというものは少しずつその価値を上昇させていくことになり、2013年頃からは短期間で爆発的に価格を上昇させることになったのです。
当初は一銭の価値もなかったビットコインが、ついには1Bitcoinで1000ドルを超えるほどの価値を持つようになりました。
何の価値も持たない電子的なデータがこれだけの価値を持つようになったのは、ビットコインの持つ可能性とその信用にあります。
簡単に偽造をすることができず、どこの誰にどのようにして取引をしたのかということが詳細に記録されるものとなっているので流れが把握でき二重譲渡などが起こり得ない堅牢性から高い信用を持つようになりました。
そして、個人間の送金なども簡単にできるという利便性に注目をして、投資家などがこぞってビットコインに投資をしたことによって、短期間で驚くほどまでに価値を上昇させることになったのです。

今後更に価値が上昇していく

短期間で爆発的に価値を上昇させたビットコインですが、今後はどうなるかというと更に価値が上昇していくことが予想されます。
ここから先短期間で、100倍1000倍になるということは考えられませんが、仮想通貨の整備が進んでいけばより利便性は増すことになりその価値は高まっていくことになるため、その結果として更に価値が高まると考えられます。
現段階ではまだまだ取引所などの整備ができていませんが、この辺りもしっかりと安心して取引をすることができるようになれば、一般人であっても気軽にビットコインなどの仮想通貨に投資をすることができるようになるため、流通も増え価値が高まっていくということになります。
ただし、注意が必要な点としてはビットコインがこのまま価値を上昇していくとは限らず、別の仮想通貨にその座を取って代わられる可能性はあるので、仮想通貨の価値自体は高まっていくものの必ずしもビットコインの価値が高くなるとは限らないということです。
無価値になるということは考えにくくとも、より優れた仮想通貨が登場したときには仮想通貨の代表的な存在の座を明け渡す可能性も考えられます。

採掘作業により新たに生成される仕組みとは

Published / by admin

一般的な電子マネーは利用者がお金を支払うと管理者(会社)が新たなポイントを発行し、お互いに債権者と債務者の関係にあります。
ビットコインのような仮想通貨では、一般的な電子マネーのように債務者や債権者が存在しません。その代わりに、採掘者が計算機上である課題を解いて正答を見つけると新たな通貨が生成(発行)され、報酬として答えを得た人に与えられます。電子マネーは管理者のコンピュータに全ての取引内容を記録されます。これに対して仮想通貨は全ての取引内容はブロックチェーンと呼ばれる大福帳に記録されます。この大福帳は世界中で採掘を行う人達(マイナー)によって共有・管理されます。ビットコインは新たなコインの発行や送金手続きが10分毎に行われます。10分毎にビットコインのブロックが生成され、これは大福帳に新たな1ページが加えられるのに相当します。大福帳に新たなページを加えるためには、誰かが採掘作業を行って一定の難易度の問題を解いて正答を見つけなければなりません。マイナー達の計算機の演算能力によって問題の難易度が高くなるため、誰かが勝手に不正なブロックを偽造することができない仕組みになっています。マイナーが行う採掘作業により過去の取引の正当性のチェックも行われ、不正使用を防ぐことができます。
新たに生成されるビットコインは、取引の正当性をチェックするマイナーに対する報酬として与えられるのです。

ビットコインが生成される仕組み

流通する通貨の総量と採掘者に与えられるコインの報酬の関係とは

仮想通貨を新たに生成したり、不正取引を防止するためにはマイニングと呼ばれる作業が必要です。採掘されたコインはマイニングの報酬としてマイナーに与えられます。
ビットコインの場合には発行されるコインの残高が最大2100万BTCと決められていて、スタートから数えて210,000ブロック毎に報酬として与えられるコインが半減する仕組みになっています。最初の報酬額は25BTCですが、2016年7月以降は12.5BITに半減されました。やがて2100万BTCが発行されると、マイニングを行っても新たなコインが生成されなくなってしまいます。
それでも、仮想通貨取引を続けるためには誰かがマイニングの作業を行って新たなブロック(大福帳のページ)を生成し続けなければなりません。実は、2100万BTCが発行されて新たなコインの生成がストップしても、マイナー達はマイニングの報酬を得ることができる仕組みになっています。利用者がビットコインを他のアドレスに送金する際に支払われる送金手数料が、マイニングの報酬としてマイナー達に与えられます。
ビットコインの世界で行われる送金手続と不正防止のためのチェック作業は計算機上のマイニング作業により維持・管理が行われ、新たに発行される仮想通貨まはた送金手数料が、マイナーに対する報酬として与えられる仕組みになっているのです。