月別アーカイブ: 2016年7月

儲けるためには相場を表すグラフを参考にする

Published / by admin

ビットコインでもうけるためにはどうしたらいいでしょうか。少なくとも、グラフ上では通貨の価格が高くなることが必要になります。そもそもビットコインには、発行元は存在しません。例えば日本円でいえば日本銀行が発行しています。通貨を発行するときには一定の量を超えないように調整をしているのです。これによって円の価値を変えています。もちろんその通りにならないこともありますが、発行元があることによって意図的に発行する量を変化させることができるという意味では、発行元の存在は大きなものになります。円とドルの取引きを時もそのような情報を知ることによって成り立っているのです。
円ドルを取引きをする場合には取引所がありそこで換金をしてドルを買ったりドルを売ったりするわけです。
これに対してビットコインは、発行元はいません。発行元がいないということはどういうことかといえば、コインを採掘する形で手に入れるのです。こうすることでコインの数は増えてきますが、一定量のコインを発行することをしかできません。2100万ビットコインが上限になっています。相場を表すグラフを参考に価値が決まります。

相場を表すグラフを参考にする

通貨の価格は誰が決めているのかを知っておこう

日本円の場合は日本銀行が通貨の価格を調整していますが、ビットコインの場合には発行元がないため価格の調整をする人は不在のように思えます。ですが現実には、価格の調整はされています。価格の調整をする人がいなければ無法地帯となってしまうからでしょう。ではいったい誰が価格の調整をしているのでしょうか。
それはビットコインのプログラマーになります。プログラマーはだれでも自由になることができ、そこに参加することで価値を定めているのです。ブロックを壊して採掘することで、価格や相場を決めているようなものです。もちろんプログラマーたちの監視も十分に必要なところですのでそちらも重要になります。
いまいち分かりにくい部分ですが、分かりやすく言うならば金やプラチナなどの貴金属と同じような感じと考えておきましょう。ブロックを壊して採掘するというのは、ちょうど金やプラチナを見つけるのと同じような感じです。アメリカ大陸やアフリカ大陸などで眠っているものを人間が掘り起こしているわけです。しかも自然のものですので、一定量しかありません。