マイニング専用に作られたASICの紹介

ビットコインなどの仮想通貨の運用は、世界中のマイナーたちが競い合うように行われる採掘作業によって支えられています。

ビットコインは2009年に世界初の仮想通貨として運用が開始されて以来、世界中で多くのマイナーたちがPCのCPUやGPUを利用してコインの採掘作業を行い、コインを“稼いで”きました。

初期の頃はPCなどの汎用計算機を利用してマイニングが行われてきましたが、2013年にビットコインの採掘に特化したASICが登場しました。

ASICとは、ある特定の用途(計算)のために専用に設計された集積回路のことです。ASIC採掘機はマイニングで使用する計算のアルゴリズム専用に開発されたハードウェアで、いわば仮想通貨(ビットコイン)採掘機です。ASIC採掘機はマイニングのために最適化されているため、汎用CPUを利用するよりも少ない消費電力で効率良くマイニング作業ができます。

ASIC採掘機は大型サイズの装置もありますが、PCのUSBポートに挿しておくだけで勝手に計算してくれる小型の装置も販売されています。
USBポートに挿すタイプの装置はネット通販で1個あたり数千円程度で購入することができます。セルフパワー付きのUSBハブを利用することで複数のASICを接続して同時稼働させれば、採掘能力を向上させることができます。

マイニング装置の紹介

仮想通貨採掘機を利用して稼ぐことは可能?

2013年に仮想通貨のマイニングに特化したASICが登場してビットコインのマイニング効率が大幅に向上した結果、計算の難易度も大幅に上がってしまいました。

このため現在では、一般的に販売されているPCのCPUやGPUを使用してマイニングを行っても電気代の方が高くついてしまい、電気料金が高い先進国では採算が取れなくなってしまったほどです。
2017年1月(1BTCあたり約1,000$)の段階では、電気料金が高い地域では専用のASICを使用してビットコインマイニングを行ったとしても、計算するために消費した電気代とASICの購入費用を取り戻すのがやっとです。

電気代が高い日本ではビットコインのマイニングで利益を出すことはかなり難しいのですが、他の仮想通貨を利用すれば何とか利益を得ることができる場合があります。

計算の難易度が低い仮想通貨にはライトコイン(Litecoin)があります。

ライトコインの採掘作業で得たコインをビットコインに両替してから現金に換金することで、電気代を差し引いても何とか利益を確保ことができます。