通常の通貨の比較を取引所を通してとらえる

ビットコインの特徴のひとつは、世界共通ということがあります。

既成の通貨では、国をまたぐ取り引きをすると、莫大な手数料などが発生します。
その点、ビットコインはどこの国のものでもなく、ネット上で自由に迅速にやり取りができるため、
国をまたぐ企業や投資家にはとても便利です。

世界でお金を使うとなると、とにかく、振り込み手数料だけでも大変な額なのが、既成の取引所を介在しないという新しい取引になるので、比較すると、ビットコインはむだなお金を払わなくていいということになります。
ですから、国をまたぐようなお金のやり取りをなにかしらしている、もしくは、しようと思っているひとには、メリットが大きいといえます。
仮想通貨だからこそ、既成のむだな手続きから解放されるということです。

その点を理解し、ビットコインの特徴をとらえて運用をすると、今までの通貨では考えられなかったような、合理的で利益率の高い運用が可能にもなり得ます。

もちろん、国をまたぐようなお金のやり取りをしなくとも、便利ではありますが、いちばんの特徴のひとつが、手数料の無駄を省けることというのは、ひとつのファクトです。

ビットコインを取引所を通してとらえる

仮想の通貨であるからこその責任について

ビットコインは、世界各地にいる、ビットコインマイナーという人たちによって、維持管理されています。

正しく運用されるよう機能するよう、彼らはチェックしています。

しかし、銀行とちがうのは、何かで大損をしてしまったり、自分のコードを無くてしまう、あるいは他者に盗まれてしまうといった事態が起きたときには、基本的にすべて自己責任になります。
ですので、ビットコインを使うのなら、きちんと自己管理を徹底することが必要になります。

逆にいえば、自己管理をきちんとできる自信のあるひとには、向いている通貨システムといえます。
ビットコインは、ですから、リスクもありますが、リターンは大きい通貨システムということになります。

元来の通貨と比較すると、より自己の都合に合わせられるものでもあり、工夫の余地があり、うまく特徴をいかして利用できれば、非常に便利なシステムです。
ですから、ビットコインを使い始める前には、ある程度の勉強はしたほうが、得が多くなりやすいです。

メリットとリスクの理解が欠かせないのが、仮想通貨ということです。