採掘の8割りは中国企業によって行われている

仮想通貨であるビットコインは、現在中国に支配されているといえます。

仮想通貨は国境を越えた存在で、実質的には4つの中国の企業が、ビットコインの採掘者として、8割り近いシェアをもっています。
ビットコインの採掘(マイニング)とは、ビットコイン・マイナーというソフトを使用して、複雑な計算をコンピューターで行い、誰よりも早く解けたら新規発行のビットコインを得ることができます。

当初は、マイニングできる量は多かったといわれていますが、時間が経過すればするほど採掘できる量が減少するように、システムがくまれています。
そのため、個人レベルとマイニングするのはおすすめできません。

また、マイニングは高性能なコンピューターを、何台も動かし続けて行いますから、電気代の高い日本では不向きといえます。
そこで優勢となるのが中国です。

ビットコイン全体の約8割りを、中国のマイニング会社が占めているため、悪用される可能性もでてきます。

過去にも、暗号化通貨で価値が著しく低下したという例もあり、中国のように採掘作業がグループ化されると、占有される危機も指摘されています。

ビットコイン採掘は中国企業

仮想通貨による投資のメリットとデメリット

ビットコインのメリットは、全世界共通ですから、ほとんどの国で使うことができます。

また、別の銀行から小切手を送るときには、通常数日かかってしまいますが、ビットコインであれば、早い取引が可能で10分程度しかかかりません。
そのほかにも、仲介する組織が存在しないため、手数料を支払う必要もないので、個人間の少額な支払いでは重要な特徴といえます。

誰でも気軽に利用できるというメリットがある反面、危険性も伴います。
価値が変動しますから、リスクも伴うということを知っておかないといけません。

また、政府や中央銀行などは、正式な通貨とは承認していませんから、何か起きたとしても、国が補償してくれることはなく、すべて自己責任となります。
そのほかにも、誰がどれくらい持っているかを把握することができないので、脱税に使用されるおそれもあり、国家運営には都合が悪い。

普及されると通貨の安定性をコントロールしにくくなり、脱税などが増えるため、政府が困るなどがあります。

このように、ビットコインにはメリットとデメリットがありますから、最新の記事を見て取引を行うことが大切です。